オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

クリーニングから戻ってきたらやって欲しいこと

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はクリーニングから戻ってきたらやって欲しいことの確認です。

このブログをお読みいただいているみなさんには問題ないとは思いますが、初めての方は即やって欲しいことがあります。

 

・欠品、欠損が無いか確認しよう

たまにあるのがコートなどの着脱出来るベルトなどが紛失しているという話をお伺いします。

引き取りの際に確認しましょうね。

後から気が付いても後の祭りです。

逆を言えばその場でチェックすれば事なきを得ることが出来るはずですね。

またボタンが取れている、欠けているなども確認しましょう。

貝ボタンなどは割れやすいので注意ですね。

また良心的なお店ではアルミホイルなどでボタンをマスキングしてくれていると思います。

この場合は割れにくい代わりに薬剤が付着している場合がありますので、固着する前に早めに取りのぞいて薬剤を取り除いておきましょう。

特に貝ボタンの裏側などが欠けている場合もありますので、よくチェックしておきましょう。

 

・そのまま保管してはいけません

クリーニング屋さんから納品された状態で長期間保管してしまうと型崩れの原因になってしまいます。

至急肉厚のハンガーに掛けなおしてください。

針金や細いプラスチック製のハンガーはせっかくふんわりとプレスした一番良い状態を維持できません。

また最近のジャケットは肩パットを付けないモノも多くなってきていますので、針金がダイレクトに肩に刺さりいわゆるツノが生えてしまいます。

パンツも一緒に二つ折りではもったいないですよね。

クリーニング屋さんに出す前に使っていたパンツハンガーに戻しましょう。

そしてクリーニング屋さんで被せてくれるビニールは通気性が悪いので、これからの夏場の湿度に対応出来ませんから破棄しましょう。

不織布などの空気が抜けるものが望ましいです。

最後に、防虫剤の交換もお忘れなく。

効能がすっかり無くなっているけど、そこにあるということはよくあることです。

そんなに高価なレアリティが高いアイテムではありませんので、このタイミングだからこそチェックしておきましょうね。

 

  • まとめ

しばらくは出番がやってこないアイテム達も秋にはふたたび活躍してくれるはずです。

ベストなコンディションで保管して上げれば、安心して即戦力として使えますからね。

くれぐれもクリーニング屋さんに出すことが目的で終わらせないように注意致しましょう!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top