オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

そのシャツ傷んでいませんか?切り替えのサインが出ていませんか?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

梅雨明け宣言から一気に猛暑が続いています。

もう35度とか聞いても驚かない自分がいることに驚きます(苦笑)

感覚が完全に温暖化仕様にチェンジしてしまいました。

我々ビジネスパーソンにとっては過酷な季節ですが、体調には万全を期して乗り切りましょう!

そこで少し気になること。

そのシャツくたびれていませんか?

 

  • シャツは消耗品という考え

一番肌に触れるシャツはビジネスにおいて使う以上、他のアパレル業界人から何を言われようがボクは消耗品だと断言します。

永遠には使えないんですよ。

残念ですけど。

金額や品質の差がどうのこうのって問題ではなく、単純に耐久堅牢度的に寿命は確実にくるのです。

特に肌に直接触れるものである以上劣化は思っている以上に速いのです。

シャツというのは通常はコットン(綿)ないし、コットンとポリエステルの混紡のモノがほとんどでしょう。

このコットンというのは植物繊維ですから、酸性には弱いのです。

つまり汗で劣化しやすいのです。

もちろんすぐにダメになるわけではありませんよ。

ただ、コットンの特徴である繊維の奥の奥まで吸水して溜め込んでしまう性質がありますから、この猛暑の中では思っている以上にダメージになってしまいます。

正確には汗ジミや黄ばみは中々落ちなくなっていきますよね。

それに伴い、生地そのものがへたりやすくなってしまうのです。

どんなにお気に入りのシャツでもその着用回数や着用条件によって変わりますが、おしまいはやってきます。

そしてもしかすると今まさにその着用されているシャツはそのサインが出ていませんでしょうか?

人間見たくないものは見えないように出来ているのですが、ここまで読み進めているならばそのバイアスが外れているはずです。

さあ今自分のシャツはどうでしょうか?

あれ?

なんかスケスケしているかも・・・

カフス回りの黄ばみはヤバいかも・・・

こんな症状に気が付いたらラッキーです。

自分は気が付かないけど、周りの人はみんな気づいているのです。

アップデートしましょう。

今の自分のレベルキャップを外してさらに上に行きましょう。

ジャケットを着用しなくて良い季節だからこそ、シャツはとても大切です。

今の時期はシャツの入れ替えをされる方は多いのです。

もし、サインが出ていたら・・・

ご連絡くださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top