STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今日もカフェココアッソのコーヒーまとめ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日は(も?)カフェココアッソのお話です

カフェココアッソでは、ボクの好みで毎回違う豆でコーヒーをお出ししております。

そうですね、メニューはホットコーヒーのみです。

冷たいお飲み物の場合は缶コーヒーになります!

 

そんな、ボクが色々と豆を物色して手に入れてきていまして、ボクと一緒にお茶しませんか?ってことなんですけどね。

豆の挽き方、お湯の温度、抽出方法などによって大きくテイストは変わるのですが、それ以上に豆の種類によってかなり味わいは変わります。

国や産地によってまったく別物になります。

そんなコーヒーを日替わり週替わりでお出ししているカフェココアッソで使っている豆のご紹介。

もっともすでに無くなってしまっているもののありますよ。

 

猿田彦珈琲 インドネシア/アチェ・テンガ 

この豆はラスナ種を使っています。

これは好きな方にはたまらないいわゆるマンデリンってやつですね。

強いコク、ボディ感がハッキリ分かります。

ただ中煎りにしているので、キツイコーヒーは苦手な人にも飲みやすくなっていると思いますよ。

マンデリンというと劣化が激しいと言われていましたが、キチンと栽培されて、管理されていると本当に美味しい豆ですね。

 

スターバックスコーヒー グァテマラ アンティグア

今まで息抜きでスタバは利用していましたが、豆を購入したことはありませんでした!

なぜならスタバの豆はだいたい250gで1パックだと思っていたからです。

正直そんなにいらないんですよね。

ボクの場合は100gくらいで色々と飲み比べていきたいほうなんですね。

とそんなことを思っていたら、実はなんとスタバでは10gづつ購入出来るんですね。

ちょっとビックリしました!

てなわけで購入してみたのが、ボクの好きな国であるグァテマラの豆です。

テイストはズバリ申し上げるとスタバのまんまでした!

いつも飲んでいるテイストそのものです。

豆の色を見てもらえればわかると思いますが、結構深入りです。

まさにシアトル系コーヒー、セカンドウェーブコーヒーの代表格としてふさわしい、そのままでした!

自分で豆を挽いて、自分でドリップすれば結構変わると思ったんですけどね。

お店で飲めるコーヒーのテイストは本物ですよ!

 

スターバックスコーヒー アフリカ キタム

グァテマラを購入した時にオマケで頂いた豆です。

これはアフリカのルワンダの豆だそうですね。

これはアイスコーヒーを狙ったテイストにしているとのことでしたが、アイスを飲まないボクとしてはホットで当然試してみました。

結構深焙煎でしたが、アフリカらしいフルーツ感が残っていてホットでも十分に美味しいです。

ボクの味覚の好みとして、甘味よりも酸味と後味のクリア感が好きなので、このテイストはありですね。

もうちょっと他の豆とミックスしたらもっと深みが増して面白くなりそうな感じですね。

 

ということで、カフェココアッソでは毎回出てくるコーヒーが同じとは限りません。

むしろ毎回違うと思っていただいたほうがいいかもしれません。

ただ言えるのは、美味しいコーヒーしか入れません!

 

ぜひ遊びにいらしてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top