オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

テレビ会議やテレワークでもスイッチが入る着こなし

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

 

日本においてはクールビズという文化がすっかり浸透し、昨年より本気の働き方改革が始まりました。

そして今年はコロナウイルスによって既存の仕事のあり方そのものが変わってしまいました。

今、世界でこれまでの常識が変わっています。

服飾も文化ですから、それに対応して変化していくのが自然の摂理です。

今までの価値観にとらわれない新しい着こなしに挑戦してみるのはいかがでしょうか?

 

  • テレビ会議やテレワークでスイッチが入る着こなし

コロナの猛威は衰えるどころが終息という言葉が全く出てきません。

今は全員が踏ん張る時です。

ビジネスのあり方もすっかり変わってしまいました。

テレワークというジャンルがかなりの企業で採用されていますね。

戸惑う部分も多いかと思います。

またテレビ会議もかなり一般的になってきているのではないでしょうか。

もういろいろなところで耳にするのが、何を着ていれば良いのか分からないというお話。

対面する場と違ってモニター越しですから、いつも通りのビジネススタイルにする人と、リラックス出来るスタイルで良いというパターンが多いように感じます。

今回は、その良いとこどりの着こなしのご紹介。

まず、大事なのが、自分自身のスイッチが入るかどうか。

今までと異なる環境でもフルパワーを出せるのきっかけに出来るのが着こなしであり、服装でしょう。

袖を通した時に例え自宅であっても気持ちが切り替わる。

とても大事な部分ですね。

そしてモニター越しであっても相手にキチっと自分が何者であるのかを表現すること。

現実に対面する以上に相手から見られるのが今の高性能なカメラですから、そこも手を抜くことのない着こなしでビジネスチャンスを逃さない。

最後に大切なのが、その後の話。

コロナ騒動が終息した後にリアルオフィスで、ビジネスで活用出来る装いであること。

これまでとまったく違う状況になっているであろうその後のビジネスシーンで違和感なく存分に自信をアピール出来る服装が良いのではないでしょうか。

長々と言葉が先行してしまいましたが、先日といっても先月ですが(大汗)、お納めさせていただいた画像をご紹介。

パンツはストレッチチノ素材で快適さをアップ。

シャツはあえて濃いめの白抜きチェックで余裕をアピール。

ジャケットはおなじみの大身返しでノンストレスな軽い仕上げ。

基本はテレワークというよりも早くみんなに自慢してしまいたくなるような着こなしを設定しています。

やっぱり、オトコはカッコ良いほうがいいですよね?

 

いつかは終わる自粛後も見据えた着こなしをチョイスしておくと、今まさにおこなっているテレワーク、テレビ会議もモチベーションが落ちることなく効率的になるのではないでしょうか。

今までと同じではない世界に対応する意味で上下セパレートで好きなアレンジも出来るジャケパンスタイルは良い選択肢になるはずです。

良ければ参考にしてくださいね。

そして、もちろんご相談も受付中です。

なかなかリアルというわけにはいきませんから、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブランディングなど細かい部分は全部もボクにお任せくださいね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top