オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

初めてのジャケパンは自然に使えることが一番 -お客さま紹介-

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

お客さま紹介をさせて下さい。

いつもお世話になっておりますTさまの逸品です。

今まではスーツのご提案だったのですが、今回はジャケパンに挑戦してみていとうお申し出があり、それに合わせたチョイスをしました。

ジャケパンは決して難しいことはなく、ちょっとしたルールさえ知っていればとっても簡単なんです。

今回はその基本的な組み合わせを選択、完成しましたのでまずはご覧になって下さい。

とても誠実で真面目な印象のTさまの魅力を引き出しつつ、スーツと違和感なく着用できるような組み合わせにしました。

装いとは対面する他者が判断することであって、自分が判断することではありません。

今まで構築してきたスーツスタイルとしての印象をそのまま違和感なく受け入れて頂けるような色であり柄であり質感を考えます。

これを考えないと単なるコスプレになってしまいます。

そしてこのコスプレ感を自分が感じてしまうと、着用しにくく感じるようになってしまいます。

結局タンスの肥やし化してしまいます。

装いとは自分の内面にも負担が無い状態が最高なんですね。

いきなりファッションコンサル通りのバチバチで決めても、違和感ありありで着なくなってしまうというパターンはよくあることです。

装いとは自分が判断することではないと今書きましたが、自分の心がついてこれないような組み合わせは全く意味がありませんからね。

人によって組み合わせるべき方向は変わるのです。

今回はそのジャケパンの初回ということもあり、また職業上の立場、立ち位置などを考慮して、ジャケットを濃色の淡いチェックでパンツをやや明るめにしました。

心象としてはボトムを明るくすることで活動的に魅せるのと同時に、季節柄のバランスもありますがジャケットの色柄として落ち着き感と上質感も両立させるように考えました。

細かななカッティングもスーツではないので色々と調整はしていますから、いい感じになっているのではないかと思います。

 

ボクの提案するオーダーメイドとは、単に生地を選んでもらって作るということではなく、その先であるリアルに使えるかどうかから考えることなのです。

机上の空論やマニュアル理論では、心の充足感を満たす事なんて出来ません。

本音で語り、その心理をどう読み解くかがボクの仕事です。

今回も結構いい感じの笑顔を頂き、とっても真面目なのに、お茶目なポーズまで引き受けて頂きましてありがとうございました!

ぜひガンガン使って下さいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top