STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

手に入れてきた現物生地をご紹介します!パート1

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

現物生地を手に入れてきまして、只今一点モノのセール中です。

詳しくはこちらから↓

着分限りの現物生地セール!

 

  • 今日はその手に入れてきた生地のご紹介です

・BOWER ROEBUCK バウワー ローバック

日本ではあまり馴染みがないかもしれないですが、英国の聖地ハダスフィールド地区で100年以上の歴史を誇るミル(織元)で、コストよりも品質が最優先の正統派。

今回のネイビー無地の品質はカシミア100%!!

このヌメリ感は半端ないです。

しかも目付360gと肉付きも良いのでしっとりしつつ、ペラペラすることなくしっくりくる一着になります。

素材そのもののレアリティもありますが、生産量が少なすぎて世の中にほとんど出回らないのがこのカシミア100%のスーツ生地でしょう。

最高に幸せ感に包まれるのは間違いありませんよ!

 

・CARLO BARBERA カルロバルベラ

ボクが大好きなイタリアのミル(織元)です。

単純に品質が良いのは当然ですが、そのストーリー性が心に響きます。

それは、急がず騒がずにゆっくり織り上げるというもの。

時代の流れは速く、次々にプロダクトを生み出すことが求められていると思うのですが、バルベラはその逆であえて時間をかけているのです。

紡績(糸を作ること)したての糸をまず岩盤をくり抜いて作った地下倉庫で半年以上寝かしつける。

余計なテンションがほぐれてきてから織り上げるという手間と時間をかけるからこそ、バルベラらしいふっくらした生地になるんですね。

最高でしょう?

今回はそのバルベラのクリームフランネルを手に入れてきました。

日本においてとても使いやすい肉厚感のフランネル素材です。

イタリアらしく英国のようなゴワゴワ系ではなく、ホイップクリームのようなふんわり感があるのでクリームと呼ばれる所以です。

この優しい風合いと色気が最高ですね。

これはおそらくといいますか、確定路線になってしまっていますが、来年以降はちょっと値上がりしていくことになるでしょう。

ボクだけではなく、どこもそうせざるを得ないんじゃないでしょうか。

それだけ原毛の調達というスタートラインの価格高騰が響いてきています。

それと今回のセールはあまり関連は無いんですけどね。

なかなか画像では難しいと思いますので、気になりましたらスタジオでぜひお手に触れてみて下さいね。

そして、あくまでも現物一点モノですから無くなり次第終了なのであしからず。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top