オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

幸せは一杯のコーヒーから

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

たかがコーヒー、されどコーヒー

今ではコンビニだろうが、スーパーだろうが、パーキングエリアや道の駅だろうが、病院だろうがどこにいても気軽に手に入る嗜好品です。

缶コーヒーやペットボトルまで含めればものすごい消費量ではないでしょうか。

意識せずともそこにあるのがコーヒーですね。

そしてどれも美味しいのではないでしょうか?

美味しいという言葉の定義はさておき、これはアカンってハズレはそうそうないですよね?

自販機で300円くらいするのなんて普通じゃ考えられないくらいクオリティが高いのが出てきます。

カフェ業界もまたしかり、昔ながらのクラシックなところから、サードウェーブに代表されるようなそれまでの固定概念にとらわれないテイストを追求しているところもある。

本当に種類が豊富にあります。

これほど多様なコーヒーが同時にしかも手軽に存在している国は日本くらいではないでしょうか。

そこでふと思うこと。

これだけ沢山の種類があるならば、当然人それぞれなんとなくだったとしても好みはあると思うのです。

ファミマよりもセブンのコーヒーが好きとか、スタバの中でもグアテマラよりもエチオピアがいいとかね。

みんな好みが違うと思うのです。

誰が一番とかではなくて、その種類の分だけ正解がある。

いいじゃないですか。

ボクは毎日その場で豆を挽いてペーパードリップしています。

その日の気分によって当然飲みたいなって感じるコーヒーは変わりますけど、それでもこの儀式は止められない。

日常生活の一部になっているというのもありますけど、そのたった一杯のそのコーヒーに幸せを感じるしまた感じたいから。

価値観は様々で、日常の環境もまちまちですが、ボクはただ漠然とそこにあるから飲むのではなくて、意識してテイストを楽しむために飲みたいかなと。

先日のコーヒー会でも、面白いようにみんな違う風味がありました。

こうやって集まって比べるからそれがよくわかる。

みんなの好みの違いもよくわかる。

そういうのも含めてたかがコーヒー、されどコーヒーなんだと思う。

ボクはどんな時もたった一杯のコーヒーで幸せになれる。そう信じています。

なんだか今日はまとまりない内容ですね(苦笑)

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top