オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツのパーツを覚えておきましょう ステッチと本切羽

スーツのパーツを覚えておきましょう ステッチと本切羽

 

襟元に入れるステッチと袖口の本切羽。

 

この二つの仕様はとても人気がありますね。

必ずしなければならないわけではなくて、無くてもなんら問題はないんです。

それでも、とても人気があります。

なぜなんでしょうね。

今日はその辺のところをお話してみようと思います。

 

「AMFステッチのお話」

襟元に入れるステッチのお話。

必ず入れなければならないわけではありませんが、

人気なのが、襟にピックステッチをお入れするのが人気があります。

今現在は、ほとんどは、

「AMFステッチ」と言います。

IMG_0126

よくハンドステッチと呼んでいるところもありますが、

本当の手縫でのステッチをしているところは、ごくわずかでしょう。職人さんがいないです。

本来のフルハンドオーダーメイドならもちろん手縫です。

コストはもちろん跳ね上がります。

そこで、そのコストを抑えてその見栄えを再現しているのが、このステッチです。

ですから、オーダーメイドであろうと、もちろん既製服もほとんどがこの専用のミシンで入れています。

それがAMFステッチなのです。

AMFとは「アメリカン・マシン・アンド・ファンドリー」社というアメリカの大手機械メーカーの略です。

かなり大きな会社で、昔はバイクのハーレーダビットソン社などを傘下に入れていました。

そこのミシンなので、AMFミシンステッチといいます。

極めてスローでローテンションで入れることの出来るミシンなので、ハンドステッチ風にすることが出来るのです。

これによって、大量生産の既製服にまで、このピックステッチが一般化しました。

機械で入れるといっても人の手はかかるもの。

それでも手間はかかるのです。

職人さんのテクニックで仕上がりに差は出るのです。

これは完全自動化は出来ないでしょう。

いづれ来るロボット時代でも機械では出来ません。

「ハンド風ステッチ=AMFステッチ」

 個人的にはオススメです。

 

【本切羽】

袖口に付ける釦のボタンホールのことを切羽(セッパ)といいます。

 この切羽を、本物のボタンホールにすることを、

「本切羽」または「本開き」

IMG_0127

ボタンホール風のステッチにすることを、

「あき見せ」

といいます。

19728_1621983721347049_413823104990428207_n

 

どちらがいいのかという問題ではなくて、

ご自分の気分でお選びになればいいでしょう。

元々のこの本切羽とは、ドクターズカフといって、

お医者さんが袖まくりをしたいがために作られたなんていう逸話もあります。

現実的にそんなことはしませんので、

気分の問題となるでしょう。

最近はボタンを一つ外して、遊ぶというのもあります。

対面するお仕事であった場合、袖口は見られます。

お話のネタになる場合がおおいので、きっかけ作りにお役に立ちます。

また、お相手さまがそれを知っている場合には、きちんとしたスーツを着ているという認識を持ってもらえるでしょう。

これはあくまでも、好みの部分になりますので、

必ず本切羽にしなければならないというわけではありません。

 

もう少し、

アクセントとして、

「色遊び」というのがあります。

IMG_0358

このボタンホールの色を変えて楽しむものです。

ポイントは一か所に留めておくこと。

そうするとアクセントとして引き立ちます。

より袖口の色気が増しますので、お話のきっかけ作りに最適でしょう。

なんとなく袖口に視線を感じるようになりますね。

好きな色をお入れできますから、ご自分のパーソナルカラーをお入れするもよし、

全体のバランスを見てお入れするもよし、

色々な遊びになります。

あくまでもお遊びですからね。

フォーマルな装いには不向きなのはお忘れなく。

 

今回は、

「AMFステッチ」

「本切羽」

のお話でした。

お役にたてたかな?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top