オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

【極上の生地にてお仕立てしてみたいという要望にはこちらがオススメです】

こんにちは

 

スタジオ ココアッソ

代表の土方(うさぎのターナー)です

 

【極上の生地にてお仕立てしてみたいという要望にはこちらがオススメです】

 

数多あるお生地でも、極上の生地というものがあります。

ビジネスやフォーマルシーンで使える最上ランクの生地。

 

・HighLine

「CERRUTI NOBILITY 150’S AAAAA」 

チェルッティ ノビリティ 150’S イタリア製

 

 DSC_2477

生地だけを見れば、チェルッティ社でもまだ上のランクがあります。

しかし、実用可能なレベルでは、これが最上でしょう。

その、すべるような滑らかさ、ツヤ、肌触りは他では得られない極上の一着となります。

 

おそらくこのお生地に興味があるとお思いの方であれば、

比較対象となるのは、

「ゼニア」

「ロロピアーナ」

あたりでしょうか?

マーチャント系(生地商社のことです)ではまだ似たような生地もありますが、

現状で、ボクが最上と位置付けているのは、

この「チェルッティ ノビリティ 150’S」です。

もう、他を見なくていいです。

 

この会社は、尋常じゃないレベルで、こだわってます。

糸から自分で作ります。

まったく妥協しない。

ちょっとだけ、詳しく説明すると、

原毛(羊から刈り取ったわたの状態)のクオリティが150’Sという、超極細の希少なものを使います。

ここまでは、まだ他でも手に入れることが出来る。

チェルッティ社がすごいのは、自分で糸を作りますから、その糸が

120番手双糸という、とんでもなく細い糸にしていることなんです。

ただでさえ、糸にするのが困難な原毛を、さらに難易度の高い糸にしているのです。

 

と、あんまり難しいことをいっても伝わりずらいと思います。

 

簡単に言いますと、

・ステータス性が本当に高いです。明らかに上質であると誰もが一目でわかります。

・仕立て映えがするので、着る人そのものを確実にアップデートすることが出来ます。

・オーダメイドスーツというものを仕立てたという所有欲を満たしてくれます。

・着心地がものすごく良いので、かなり気分が良くなることは間違いありません。

・姿勢がよくなります。

上げたら切りがないですね。

それだけ、間違いないコレクションです。

 DSC_2479

オススメ出来る方は、

・オーダメイドスーツを作られたことのある方。

・ゼニア(トロフェオ)などのクラスをお仕立てしたことのある方。

に、なります。

 

さすがに、これだけクオリティが高い生地です。

ハードワークには向いていません。

それがご理解いただける方のみが、お仕立ていただける条件となります。

ボクから条件を出して、申し訳ありませんが、

それなりの方でなければ、使いこなせないでしょう。

逆に言えば、それを知っているという方には、絶対に期待を裏切らない極上を手に入れることが出来ます。

 

ココアッソの中でも、

HighLineの中で最上となります。

 

一点一点イタリアに在庫を確認して、

もちろん海外より取り寄せます。

お時間も少し多めにいただきます。

 DSC_2478

ココアッソのチェルッティはすべて全世界共通バンチよりお選びいただきます。

その本物をぜひ確かめてみたい、

そう思われましたら、

ぜひ、ご連絡ください。

 

 

触れるだけで、思わずニヤけてしまう、極上を体感いただけます。

 

 

お問い合わせフォーム←24時間受付中です

または、お電話、Facebookでも受け付けております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top