STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ダニエル・クレイグに学ぶファッション(ワイシャツ)

こんにちは

 

スタジオ ココアッソ

代表の土方(うさぎのターナー)です

 

タブカラーシャツというのが、あります。

 

ネクタイの下にタブで止めることによって、ネクタイの結び目を立体的に固定することが出来る襟型です。

 

襟が浮かずに、引き締まって見えるのが特徴です。

 

そこで、見本として・・・

daniel-craig-skyfall-0906_2s

スキが無いですよね。

歴代ボンドでタブを使ってるのはダニエル・クレイグだけなのかな?

時代と共にスタイルは変わります。

ダニエル・クレイグボンドはトム・フォード(アメリカのデザイナー)が手掛けているそうです。

時代に合っているスタイルですよね。

マッチョなのに、スッキリと一部のスキもない。

スクリーンでは見逃しちゃうかもしれませんが、スーツがスキがなく見えるのは、

シャツとネクタイのバランスもスキがないからなんですよ。

前にも書きましたけど、

スーツのゴージの位置と襟、シャツの襟のバランス、

そしてネクタイの太さ、

完璧なバランスを醸し出しているんですね。

色使いも完璧ですけどね。

 

そこで、今回はこのタブカラー。

DSC_2552

スキを見せないオトコになれる襟型ですね。

 

ポイントは、ダニエル・クレイグのようにスーツの襟が少し細目になっていること。

これが相性がいい。

一部の雑誌等で、スーツの襟を大きくするような流れになってきていますが、それには合わないです。

バランスが大事です。

そのバランスが調和したとき、

ダニエル・クレイグになれますよ。

 

なりたい自分になれるのも、オーダーシャツの魅力です。

また、余談ですが、

ピンホールというのもあります。

 

 DSC_2550

同じようにネクタイの下をピンで留めて立体的に魅せることが出来るデザインです。

 

オーダーシャツの魅力は、この世にないオリジナルを作ることだけではないんです。

 着る人の魅力を引き立てる、イメージしたスタイルに近づけることが出来るのがポイントだと思っています。

 

 気になりましたら、ご検討してみてくださいね。

タブ、ピンホールともに+540円で作成可能です。

 

お問い合わせは、お電話、お問い合わせフォーム、Facebookでも受け付けております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top