オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

こうした手間がオーダーメイドなんですよって画像です

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

まずは画像をご覧いただきましょう。

フワフワの良い風合いのジャケットです。

拡大していきます。

ここで分かった人は相当なボクのブログ読者です。

はい、正解は胸ポケットの柄合わせでした!

 

  • こうした手間がオーダーメイドです

ということで柄を合わせることをちゃんとしています。

これは相当手間がかかるんです。

当たり前といえば当たり前なんですけどね。

一昔前まであったストライプ柄ならまだ良いのですが、現在のようにチェック柄は縦横に柄を合わせることが必要になります。

生地には当然表裏もあれば、方向もあるし、何よりも一般的には生地の幅は150センチしかない。

無限に生地を取り放題ってことじゃなくて、いかに少なく済ませるかがオーダーメイドなのです。

この辺りはロットで流す既製服と違ってシビアなんですよね。

個々に作成しますから、無駄なく使い切りたいのです。

だって余らせたら・・・ということです。

そこの柄を調整するんですから大変なんですね。

この手のネタは過去にもたびたび書いている気がするのですが、今だからこそこういうネタも発信しておきたいかなと感じています。

世の中テレワークだけじゃないんだよってこと。

物理的にこうして手間を惜しまずにキチンと合わせてくれる職人さんが頑張ってくれるから、世の中が動いているってことですかね。

最近は仕立てる機会が減ってきている本台場仕様。

ちなみに小ネタとして、こういう胸ポケットの仕様のことを台場仕立てと言います。

飛び出しているところがまさに地名であるお台場(江戸時代は海岸を守る砲台の場所だった)のようだからそう命名されたそうな。

近代のスーツの発祥国であるイギリス、礎を築いたアメリカ、文化としてのイタリアではさっぱり流行りませんしほぼ見かけることはないでしょう。

切って貼り付けたなんちゃって台場がせいぜいよいところですし現実にボクの基本はその仕様で作成しています。

画像のような見返し一枚で贅沢に使うことを本台場とか丸台場なんて呼び、ほとんど純国産くらいしか見かけないはずです。

きめ細やかな痒い所に手が届くところまで製品化する日本ならではの仕様ということですね。

もっとも現代のスーツのポケットにモノを入れるまたは、リペアして使うという明治維新に勃興した文化はめっきり廃れてしまいましたので、単純に羽織る人のこだわりを表現しているという意味合いになっています。

この仕様もけっこう手間がかかっているんですよ。

語ることもない何気ない袖釦の重ね付けも。

せっかくだからもう一枚。

こういう袖釦を重ねるもの簡単なようで手間かけてます。

機械でガシュガシュ出来ないから。

既製品ではやりたがらないんですよ。

それといつものように釦ホールを一か所だけ変えるものもそう。

その為にマシンの糸を変えますからね。

 

どうでしょう?

愛着の湧く一着、世界に一つしかないのが既製服の受注生産方式ではない真のオーダーメイド。

手間をかけた一着を羽織りたくなってきませんか?

毎日の生活にほんのちょっと幸せを感じることが出来るのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top