オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ネクタイの色だけで結果が変わる方法 -色彩心理を上手に取り入れてみよう-

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ネクタイの色について

ネクタイはもはや必須のアイテムではなくなってしまいましたが、あればあったで役に立つアイテムです。

無くてもなんとかなる時代にあえてネクタイをするのであれば、最大限活用していきたいですよね。

ということで、ものすごくシンプルな色のことについて。

男性の服装の中で唯一色で印象をつけることが出来るアイテムでしょう。

ボクのような服飾関係やファッションとして様々なスーツを着こなせる環境にある方でしたら、スーツそのものに様々な色や柄がある、またはシャツを遊ぶということもあるはずですが、現実的なビジネスパーソンのスーツ、シャツはそんなに遊び心は取り入れられないはず。

だからこそまだまだモノトーン系が多いわけですよね。

そんなビジネス環境にあってはネクタイが色を表現出来る有効なアイテムになります。

そしてその色というのはとても有効な印象付けをすることが出来る力を持っているんですよ。

凄い力があるのに、殆どの人は気が付かない。

実にもったいないのです。

なぜか?

色に対する認識は潜在意識、つまり無意識で反応しているから。

顕在意識で判定するまでもなく、条件反射的に誰もが反応しているからです。

だから気が付かないわけです。

それを活用するってこと。

そしてネクタイはそれが出来ること言うことです。

有効な手段だと思いません?

 

素材や柄はまたの機会にするとして、本当に簡単に画像で見比べてみましょう。

ネイビーとエンジの2本のネクタイだけを変えてみた印象の違いです。

エンジだったら?

ネイビーだったら?

おまけ

どうでしょうか?

今こうしてここまで読んでいただいたということは、今は潜在意識の上にある顕在意識で色を見ているはずです。

だから気が付いているはずです。

どのタイミングだったらどっちのネクタイをした方がい良いか?

この状況だったらこのネクタイは避けた方が良いか?

こっちだったら評価があがりそうだな?

とかね。

 

カラーコーディネーターという職業はその色彩心理を上手くコントロールする方法をお仕事にしているわけですね。

菅総理のスーツの色がなぜ官房長官時代から変わったのか、そして記者会見をする時になぜその色をチョイスしているのか、それを色からくる印象付けという観点から見てみると面白いことに気が付くはずですよ。

そうすると段々慣れてきて、ボク達のようなプロと同じ視点でネクタイをセレクト出来るようになるでしょう。

今まで朝のテレビの占いで決めていたネクタイの色ではない色を選択することが出来るようになれば、益々ネクタイが活躍する場が広がること間違いなし。

思えば、ほんのちょっとしたきっかけで人って変われるもんです。

ぜひお試しくださいね!

 

ちなみに「ネクタイをすること=オンビジネス」、「ノーネクタイ=カジュアル」ではないですからね。

最近色々な人から相談されるビジネスカジュアルにもネクタイは有効な手段にもなりえるということです。

それはまた別の機会に~。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top