オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ベストの後ろに付いているベルトのことを尾錠と言います

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ここ数年スリーピーススーツの需要が多いような気がします。

スリーピースとはジャケット+ベスト+パンツがセットになったスーツという意味です。

ベスト(ジレと言う表現もあります)があることそれだけでサマになりますから、とってもおススメです。

ボクもスーツだけでなく、ジャケットを仕立てる時にもベストをセットにしています。

単品でも決まるアイテムですからね。

とってもおススメしています。

そこで、ワンポイントパーツのご紹介。

それがタイトルの「尾錠」というパーツです。

これを尾錠と言います。

これはコートなどで存在するバックベルトではなくて、あくまでも名前の通り錠前、つまり留め金部分という意味になります。

英語にするとbuckle(バックル)となりますので、より分かりやすいでしょうか。

そうベルトのバックルと同じ意味合いになります。

それを日本では尾錠という表現にしているのですね。

 

  • 尾錠の用途は何?

何のためにこの尾錠が存在するのか?

答え:飾りです

宇宙戦におけるモビルスーツの足と同じようなもので、単なる飾りです。

これはベルトではありませんので、絞ることを目的としていないのです。

また留め金という意味合いではありますが、そもそもそんな負荷をかける前提のパーツではないので、絞り上げても傷むだけであまり意味がありません。

もっともオーダースーツの場合はサイズを合わせているわけですから、まさに飾りそのものです。

既製品の場合は汎用性を持たせるために少し大きめにして、絞れるように設計されているものもあるかと思いますが、オーダーメイドの場合は機能としてではなく、背中のアクセントとして付けるかどうかってくらいのパーツです。

ですから、現実的にはあえてこの尾錠を付けないという選択肢もおおいにあります。

むしろボクは普段つけませんから、その影響なのか付けない人の方が比率としては少し多いかな。

いずれにしてもどちらを選択しても正解ではありますから、安心してください。

自分では見えないパーツのお話でした。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top