オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今一度確認しておこう スーツの基本はネイビーとグレイの2色です

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

新型コロナウイルスの感染者数がうなぎのぼりになり、益々働くことそのものが変化してきているように感じます。

働き方が変わるのですから、服装も変化していくのは当然の流れです。

だって今までスーツで出勤していた人がリモートによってスーツをまったく着用しなくなったって話はとても多く伺います。

ま、夏ですしクールビズですから、フル装備のスーツスタイルの人はそうそういらっしゃらないですけど。

でもですよ、ちょっとカレンダーを見てみて下さい。

来週はもうお盆期間も終わっています。

もう夏休み気分から9月へ。

区切りとなる期末でバタバタすることのないように気持ちを切り替えていく頃合い。

そして気が付けばもう10月に・・・

新型コロナが秋以降どのような状況になるのかは予測は出来ませんが、スーツの出番は再びやってくる可能性は高いですよね。

そこで働き方改革だの、リモートワークだのと何かと変化していきている働く服がどんどん多様化してきて、もうどうしていいかわからない、迷う、現実逃避してしまうということがないように改めて基本に振り返っておきましょう。

ビジネススーツの基本はあくまでもネイビーとグレイの2色がすべてです。

 

  • クロでもなければ茶色でもない

クロはビジネスにおける正装でもなければ勝負カラーでもないんですよ。

無難だから、取り繕うには十分じゃないか、そもそもクロしか売ってないから・・・という理由なのかどうかは分かりかねますがクロは正しいビジネスの色ではありません。

もしMIBに所属しているならその限りではないですが。

元々モードの世界でしか存在していなかったこのクロいスーツは「マトリクス」という映画によってコートも含めて一気にビジネスウェア市場になだれ込みました。

クロは色相環のなかでもっとも強い色ですから、一度この色を使い始めると他の色が使いにくく感じてしまう、そしてスーツのファストファッション化にともない使い捨ての作業服としての地位を確立してしまい現在に至ります。

クロで問題ないと感じていればよいですが、そもそもこのブログをご覧いただいているみなさんはそうではない世界のお仕事をされているはずですからもう十分にお分かりになられていらっしゃるかと思いますけどね。

クロから切り替えるのは勇気が必要かもしれませんが、ネイビーとグレイの2色が基本と考えれば案外簡単に抜け出せるはずですよ。

そして、ここ数年やたらと茶色ないしこれに近しい色がやたらとファッション界隈でプッシュしていますが、これも正解ではないです。

あくまでもファッションとしての地位があるだけで、ビジネスでの立ち位置はメインにはなりえません。

この色は現在もイタリアのピッティウォモなどの業界向けの展示会での「仕掛け」であって、お仕事服から生み出されているのではないんです。

日本のマーケッターもこの流れに乗じて仕掛けてはいますが、現在のポジションはあくまでもお洋服好きのファッションの域を出ておらず、しかもかつてのクロのように突き抜けていくことはないでしょう。

個人的には良い色なんですけどね。

 

  • 基本に立ち戻ることが正解

何のためにスーツを着用するのかを考えてみましょう。

お仕事ですよね。

キチンと自分の立場を、お仕事内容を伝える為にスーツを着用するわけですよね。

この歴史の転換点に差し掛かっているこの時代に、どう生き抜き、そしてさらにビジネスを発展させていくのかを考えてみると答えは見えてくるはず。

基本がやっぱり正解です。

ネタやハズシのテクニックは基本を極めた人が使うことを許されているのであって、まずは正解を選ぶことが大切です。

ボクも気が付けばこの業界に四半世紀以上身を置いてきて、歴史の変わるその時を見続けてきました。

確実に今がまさにその転換点であることは間違いありません。

この先、キチンと時代を読んだ服装によってメモリーされる側になるのか、もしくは未だ旧時代の生き残りとしてメモリーされるのかはすべて自分の決断次第です。

これからスーツを新調しようと思ったら、基本を思い出してください。

ネイビーとグレイの2色だけで良い。

 

ココアッソは完全予約制にしてカウンセリングをしながらみなさんのブランディングをご提案しています。

成績の上がるスーツ、仕立てています。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top