オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

アパレルで梅春とは単なる春夏を表現するだけの時代ではなくなってきました

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

毎年成人の日が過ぎるとアパレルの世界ではバーゲンから春に切り替わります。

とはいっても冬物が残り過ぎて切り替えられないところも多いかと思いますが。

この服飾業界においては今まで当たり前だと思っていた流れが変わりつつあります。

それが梅春(ウメハル)という便利な言葉が使えなくなってきたということ。

 

  • 梅春とは?

もともとアパレル業界はニッパチといって2月8月は閑散期と言われていました。

季節の端境期はお洋服が売れない、しかも冬から春の切り替え時期は一番難しいとされているのです。

何故ならそんな都合の良い服なんて作っていないからです。

そこで生まれたのが梅春という言葉です。

実際は普通の春夏物なのですが、その表現を少し変えてなんとなくそんな風に感じるキャッチコピーとして梅春という言葉が生まれました。

ホントただの春夏物ですから、寒いんですけどね。

でもかつてはそうやってお洋服を販売していたのです。(過去形)

 

  • クールビズの影響は計り知れない

今では言葉だけが生き残り、その言葉だけが独り歩きしてしまったクールビズというフレーズ。

この破壊力はハンパではなかったのです。

アパレルの生態系がガラッと変わってしまいました。

夏のフルスーツ=悪という印象を完全に定着させてしまいました。

今では年間スーツ否定派のパワーの方が強いのではないでしょうか。

一応仕立屋さんなのでスーツに絞ってお話すると、メンズ市場においては春夏、秋冬という大きく分けて二つ商品ラインナップを入れ替えて販売するのが今までの業界の暗黙のルールでした。

よってバーゲンで売り切り次第春夏物が入荷するという流れです。

だからこそ、まだ寒いのに売るものが春夏物だったので梅春という言葉が生まれたわけです。

現代はどうかというと、夏物はもう売れない=作らない(作れない)という流れになっています。

100%ないわけではありませんが、かつてほどの量は生産されていないはずです(既製服はね)。

ちなみにボクのように仕立屋さんは都度商社(生地屋さん)から手にれるのでかなり状況は違います。

では、何が存在するのか?

合物(アイモノ)が増えています。

合物とは冬とも夏ともつかないその中間くらいの物という意味ですね。

要は夏物なのか冬物なのか判別しかねるものが多くなっている。

そう思いません?

 

  • 時代は梅春からオールシーズンへ

簡単に言えばオールシーズンというカテゴリが今後増えていくと予測できます。

というよりこの流れは確定路線でしょうか。

むろんオーダーメイド業界もこの流れになってきています。

オールシーズンとは聞こえは良いですが、夏は暑くて冬は寒いという特性があります。

その分春と秋という中間的な気候がドンピシャに快適に感じるように作られています。

既製服でもオーダーメイドでもこの中間的なスーツは益々時代の真ん中に行くでしょう。

現実主義者であるボク的にはこの流れは賛成です。

いくら暖冬といってもこの時期は流石に春夏物では寒いです。

アパレル業界の慣例なんて関係ないですからね。

しかも夏季は着用しないことがマナーとして認知されているんですから、その手前の季節をいかにして快適に着用するのかのほうが大事だと感じているわけです。

長々と書いちゃいましたが、オールシーズン生地良いです。

非常にバランスが良く使いやすいです。

十二分にご検討いただく価値はあると思います。

オールシーズン生地充実しております。

春の装いのお悩み、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top