オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

-FRATELLI TALLIA DI DELFINO フラッテリ タリア ディ デルフィノ- 上質で洒落たイタリア産オーダー生地

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

「営業支援スーツ」オススメの2019年の秋冬向けコレクションのご紹介です

FRATELLI TALLIA DI DELFINO フラッテリ タリア ディ デルフィノ

非常に質の高い織物のみを織り上げるミル(織元)でイタリアらしいファンシーでセンスの良い色柄出しが特徴のココアッソのハイラインに位置する人気のコレクションです。

ここ数年でよりその風合いも含めたバリエーションが広がり益々勢いのある優良服地です。

 

  • イタリアの5本指に入る優良服地織物メーカー

イタリアには5大ミル(織元)と呼ばれる毛織物メーカーが存在します。

ゼニア・ロロピアーナ・チェルッティ・バルベラ、そしてタリアです。

現在バルベラが微妙な状況になりますので、実質4大ミルとなるのでしょうか。

この中でもすこぶる上質な織物しか作らないことで有名なのがタリアでしょう。

立ち位置的にはゼニアと同格にいますので質感も文句なしです。

ゼニアとの違いはそのセンスでしょう。

イタリアらしい色合いや風合いはタリアはならではで、この辺りは近年守りに入ってしまったゼニアには真似出来ないところが特徴でしょうか。

保守的なゼニアかイタリア感をより楽しみたいならタリアというような感じが分かりやすいかな。

間違いなく言えるのは非常に幸せを感じる一着になることは間違いないです。

スーツでよし、スリーピースでよし、ジャケパンでよし、コート素材としてもよしと全部オーケーなラインアップも魅力ですね。

ぜひ触れてみて欲しいコレクションです。

ここ数年タリアが勧めている紡毛氏(ケバ系)のふんわり素材、触れて確かめて欲しいこのふんわり感。

近年のイタリア生地全般のブームなのかジョーゼットっぽい風合いも数が増えています。

もちろん梳毛素材(ケバ無しのツヤ系)もあります。Super130’Sのこのしっとり感は格別ですね。

 

上質で洒落たイタリア産のオーダー生地

FRATELLI TALLIA DI DELFINO フラッテリ タリア ディ デルフィノ

スーツ 109,800円(税抜)

すべてHighLine仕立て(高級裏地・高級釦標準)

納期は約一か月となります。

 

ココアッソは小さなスタジオの為、ご予約制にしております。

ご質問もいろいろあるかと思います。

しっかりとお時間をかけてじっくりお話もお伺いいたします。

恵比寿のスタジオで、ゆったりとおくつろぎいただけます。

なかなか相談出来ないこと、どのような生地があるのか下見してみたい、ボクがどのような人物なのか知りたいなど、お話いたしましょう。

せっかくお仕立てするなら、末永く使える相棒にしたいですね!

お電話、HPよりお問い合わせメール、Facebookのメッセージか、ボクの個人のページでも大丈夫です。

「タリアを見てみたいんです」

「下見してみたい!」ってご希望の日時をご連絡くださいね!

TEL 03-6452-4497

携帯 070-1257-4497

ご予約はこちらから←予約フォームへ

お問い合わせはこちらから←お問い合わせフォームへ

お電話しにくい場合は、メールで「こんなこと出来ますか?」とかご質問くださいね!

Facebookお問い合わせ←Facebookからでも可能です

受付可能時間 11:30~19:30

電話が不在の場合はメッセージをお入れいただければ、折り返しご連絡いたします。

メール、メッセージは24時間お受けいたしております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top