STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

オーダーメイドならではのカスタマイズジャケットっていいですよね

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

カスタマイズをする楽しみがオーダーメイドの面白さの一つですよね。

単にシルエットであったり、着心地感といった部分のパーソナライズ性の部分を求めていくのがオーダーメイドの一番基本的な部分ですし、当たり前の部分でもあります。

今回はもうちょっと遊び心、楽しさを求めて作成してもいいですよってお話です。

営業支援スーツというカテゴリを追い求めてしまうと、無機質な勝ちパターンに当てはめることばかりになってしまうと思われがちですが、必ずしもそうではなくて、遊びを取り入れてもいいんですよ。

自分の基本コンセプトがキチンと成立してからですけどね。

自分の立ち位置やあり方が自分の求める通りになっていくにはちょっと時間がかかりますが、続けていくうちに必ず自分だけの装いが成立していきます。

無理せず少しづつ変えていきましょう。

そして、一度その装いが出来上がると覆ることはそうそうありません。

だってその為に時間をかけてきたくらいなんですからね。

と、今日はその話じゃなくて、ある程度自分という言う装いが出来たならば、多少遊んでもその印象は覆らないよってことを言いたいわけです。

自分の装いが確立していないうちは、右に左に流されるばかりになってブレてしまいがちですから、軸を決めていくという感じでしょうか。

ジャケット一つ取ってみても、そんな風に遊びっぽいカスタマイズがいいと思いますし、まさにオーダーメイドならではですね。

スーツの上着と違ってジャケパンで合わせてもいいように調整しているターナースペシャルカット仕様です。

分かりにくいですが、基本部分としてフロントボタンの位置などは人によって違うんですよ。

これはフロントポケットをパッチにしてジャケット感を出していますし、釦もナットにして優しい感じにしています。

こちらは普通のフタポケットで、釦もシックな水牛、でも袖の切羽は上もそうですけど、ちょっと色遊びをしています。

最近は冬でも大身返しという裏地なし、芯なし仕様が一般化しつつありますね。

耐久性や耐摩耗性は裏地があったほうが良いに決まっていますが、文化の一つとしてこの仕様があるのです。

何が言いたいかというとですね・・・

やっぱりオーダーメイドは楽しいですよ!

あまり難しく考えなくて、普通に自然に自分が違和感なく羽織れる一枚があるといいじゃないですか。

肩が凝らなくて、サラっと羽織れてカッコ良かったら、きっとモテるはず・・・

そんなジャケット準備しておきませんか?

クリスマスには間に合いませんけどね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top