STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ジャケットプラスベストがおススメです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ジャケットにベストをセット作成

おススメです。

 

  • ビジネスパーソンにとって羽織りモノはあったほうがいいですよね

ジャケットといっても何でもよいわけではなく、自分のコンセプトに合わせてあるかどうかがまず大切ですね。

色や柄、冬に着用される場合はその風合いも大切ですが、それ以上にしっくりと自分自身が違和感を感じないバランスにするのがポイントで結果として驚くほど快適に感じるようになります。

何かが違うと感じるとあまり着用したくなくなっちゃいますからね。

そして、同素材でベストを作成しておくのがおススメです。

別素材でベストを合わせるよりも親和性が高いので自然に合わせることが出来ます。

シャツやパンツの組み合わせもジャケットとベストが共素材で作成していると他の色柄を使うことが出来ますので(ごちゃごちゃになり難い)、簡単になります。

あまり色々と混ぜ過ぎない方がいいんですね。

ビジネスパーソンにとって羽織りものが必要な時ってありますよね?

いつでもスーツになってしまうと、そういう人に見られてしまう、もうちょっと違うコンセプトで表現したい、そして快適ありたいってときにジャケットがあると本当に良いと思います。

そこにプラスしてベストが時代的にも良いでしょう。

極端なニット素材(ジャージ)などの素材を使った普段着のようなスタイルからここ数年でテーラード(ボクが仕立てるような)ジャケットが見直されていますし、今ではそれがメインカルチャーになっているのは洋服屋さんを覗いてみると気づくはず。

正統派というジャンルが今のポイントです。

たったベスト一枚合わせるだけでぐんとその印象がアップするんです。

共素材を使うので迷わないし、簡単ですね。

 

  • 何が何でもスーツの時代から変わってきています

もうみなさんもお気づきだと思いますが、何が何でもいつでもどこでもスーツでなければならない時代ではないですよね。

表現を変えるとスーツを着用していればなんとなるわけでもない時代ですよね。

確実にスーツではない服装があらゆる場所で浸透していますよね?

だってネクタイすらしなくていい時代になっているんですよ?

確実に時代は変化しています。

ただ、羽織るものは我々ビジネスパーソンにとってはあった方が印象はよくなるでしょう。

そして、単にジャージ系の素材のジャケットではなくて、ちょびっと正統派のコンセプトを取り入れるようになると今の人としての認識が一気に定着するでしょう。

そういう意味でもスーツではない装いとして、ジャケットプラスベストの装いがおススメなんですよ!

基本はガチガチの真面目系ではなくて、芯地やパットを外して、ちょっとラクにラフにイケちゃう感じでどうでしょうか?

ご検討してみて下さいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top