STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

タキシードはオーダーメイドが一番コストパフォーマンスが高いのです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

タキシード

人生においてタキシードを着用する機会は多くはないと思います。

むしろ着用することが無いほうが一般的でしょう。

男性のフォーマルウェアにおいて、その着用頻度の少なさからレアリティ、敷居、難易度が高いと思われているであろう一着がタキシードでしょう。

もし、ドレスコードでそのタキシードを着用することを求められたらどうしますでしょうか?

 

ドレスコードが現れた!

どうする?

▶買いに行く?

 レンタルする?

 なんとかごまかす?

これ以外の選択肢として、オーダーで作成するという選択肢がありますね。

むしろこれが一番正解だと(仕立屋さんのボクだからこそですが)思います。

 

  • タキシードはオーダーメイドが一番コスパが良い

まずタキシードはオーダーで作成が出来るのです。

その前提でお話になりますが、実はオーダーがコストパフォーマンスは一番良いでしょう。

何故かというと、その生産数の少なさゆえに、既製品は割高になってしまうのです。

どんなプロダクトでも同じですが、一定数を生産するからこそコストが下がっていく図式は成立しないんですね。

だからこそ、オーダーの方がお得だったりします(ボクは正直に作りますから)。

レンタルもお安くはないのと、あくまでも借り物になってしまいますからサイズ感は合わせずらいですよね。

また、その数の少なさが影響して世代遅れのデザインがいまだに現役で使い続けられているのは致し方ない部分でもあります。

正確な値段はそのお店によって変わるので一概に言えませんが、たぶん2回着用する機会があるのでしたらコスパ的にはオーダーのほうに軍配が上がるかもしれませんね。

 

  • 正しい知識をもっているところで作成する

タキシードはフォーマルウェア(礼服)ですから、正しいマナーや作法が必要になります。

作成するにあたりその知識を知っている人に依頼するのが(ボクですが・・・)正解になります。

何度も書きますけど、世の中そんなにタキシードは出回っていませんので、フォーマル売り場の人でさえ・・・よくあるお話です。

余程このことがなければ、ポンポンと買い替えるようなことはなく、むしろ人生で唯一の一着になるであろうフォーマルウェアがタキシードでしょう。

日本で生まれた略礼服とは違うのです。

 

  • タキシードは今では正礼装です

少しだけタキシードについて知っておいて欲しいことを。

あくまでも欧州圏で生まれたドレスコード(服装)文化ですから、このタキシードを着用する時には、着なれない恥じらいを取り払い欧州式のマナーを実践しましょう。

まず、日本で普通に使われている略礼服(黒いスーツ)とは似て異なるものです。

ですから、冠婚葬祭いついかなる時もとりあえずこれ着ていれば大丈夫的なモノではないのです。

以下に簡単に箇条書きでポイント書いておきますので記憶に留めて置いてくださいね。

・タキシードは夕方から着用が許される(日中はNGということ)因みにイギリス英語ではディナージャケットと呼びます。

・礼装には格式があって、夜の部の最上位は燕尾服ですがもはやこれを着用することは一般ではあり得ないのでタキシードが格上げされて正礼装にランクされている。

・ちなみに昼の部で最上位はモーニング(内閣発足などで着用しているアレです)、タキシードの位置にある準礼装がディレクタースーツになります。

・案内状のドレスコードに「ブラックタイ」とあればタキシードが必須、「平服」はスーツ(普段着ではない)でよいと解釈しましょう。

・ドレスシャツは最近の傾向はウイングカラーだけでなくレギュラーカラーも多くなっています。

・タキシードはベルトループはありませんからサスペンダーを用意しましょう。もちろんカマーバンドもですね。

・シューズはエナメルだとやり過ぎなので、よく磨いたストレートチップを準備しておきましょう。

・当然整髪すること。ワックス等でまとめ上げておでこを見せるようにしましょう。

ま、上げればキリが無いですし、ググればいくらでもそのあたり情報は溢れていますからこのくらいにしておきます。

主催者が誰なのか、どういう場なのか、誰が来るのかくらいは事前に調べておいて、その中のマナーを楽しむのがエチケットですね。

また、タキシードといっても遊び心が許される場も最近は多くなっていますので、ある程度のカスタマイズも良いでしょう。

オーダーはコスパだけでなく、オリジナルを作成することが出来るというメリットもあります。

 

 

タキシードを着用する機会が2回以上あるかもしれない時はボクまでご相談ください。

まずはご連絡くださいね!

ココアッソは大きなお店ではないので、ご予約制にしてお時間をしっかり確保してお話をおうかがいするようにしています。

お電話、HPよりお問い合わせメール、Facebookのメッセージか、ボクの個人のページからご連絡お願いしますね。

TEL 03-6452-4497

携帯 070-1257-4497

MAIL c-info@cocoasso.com←お問い合わせフォーム

Facebookお問い合わせ←Facebookからでも可能です

受付可能時間 11:30~19:30

電話が不在の場合はメッセージをお入れいただければ、折り返しご連絡いたします。

メール、メッセージは24時間お受けいたしております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top