オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

本切羽は大人の遊び心で楽しんで良いのです

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

たまにご紹介しているパーツのお話。

スーツやジャケットの袖口には普通ボタンを付けます。

だいたい3つ、ないし4つのボタンを付けるのが一般的でしょうか。

最近は重ね付けを選択する方が圧倒的ですね。

その袖口のボタンホールのことを切羽といいます。

そして、そのボタンホールを本当に開閉できるようにしているのを「本切羽」と言います。

開かないけどボタンホールのような飾り刺繍のことを「開き見せ」といいます。

 

  • 本切羽は大人の遊び心で楽しんで良いのです

この切羽の良し悪しについては過去に何度も書いているはず・・・

思い出せないけど記憶にはありますし、調べればいくらでも出てきますからそこは割愛します。

ボク個人としては開き見せよりも本切羽のほうが好きですね。

ボクはいつも何かしら遊びます。

袖口は結構相手の視界に入る部分です。

気にしない人にはまったく気が付かない部分ですが、キチンと装いを正す人、またはオーダースーツを普段から着用されている人などはまず袖口を見るはずです。

そこでどの程度の人なのかを判断しているはずです。

ただのボタンで空き見せなのか、本切羽にしているのかで結構変わってくるはずです。

少なくともボクは必ず見てしまいますよ。

身だしなみとか装いとか、案外こういうちょっとしたことが相手にとってトリガーになるのではないでしょうか?

そしてそれは義務的にすることではなく、腹黒く計算してすることでもなく、あくまでも自分が気にいるから着用ているスーツなんですから、ほんの少しの遊び心をもって楽しんでいいんですよ。

 

  • 遊びの要素として一つ外してしまう&ボタンホールの色を変えてみる

本切羽はちゃんとしたボタンホールなので外せるのですから、一つだけ外してみる。

それだけで案外会話のネタになる場合があります。

そして、そのボタンホールの色遊びもしてみると、これまた反響があると思いますよ。

こういう遊び心はきっかけ作りに良いのではないでしょうか?

そして、相手がそのレベルの人であった場合に、一気に距離が縮まることでしょう。

これだけでも分かる人には十分伝わりますね!

もう一歩踏み込んで外してしまうのも楽しいのですね。

 

ポイントは自分が楽しいかどうかということでしょうか。

ですから無理しなくていいんですよ。

これをすれば成績が上がるということではないですからね。

自分が気にっていて楽しんでいる状態、つまり着こなしていることが重要なんです。

オーダースーツなんですから好きなようにカスタマイズすればいいんです。

その時の、そのスーツを着用している時に発する楽しんでいるオーラが相手に伝わるのです。

その結果として次にいけるということ。

伝わってますかね。

ま、難しいことは置いておいて、こういうほんのちょっとしたことなんですが毎日着用するスーツを楽しくする方法としてオススメですよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top