オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

クールビズでもネクタイをする時は結び目に一工夫をしてみましょう

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

クールビズはネクタイをしてはいけない期間・・・

ではないですよね?

しなくても許される期間ではありますが、公式な場面ではネクタイをする場合があるでしょう。

特に経営者である場合、レセプションで壇上に上がる等があった場合はネクタイをされることが前提になるはずです。

別にするしないは自由ですから、しなくて良いのであればノーネクタイで問題ありません。

ただ、ネクタイを締めると決めた場合に適当に結ぶよりもキチンと結んだほうが見栄えはいいですよね。

クールビズを拡大解釈して多少だらしなくてオーケーと勝手に決めつけてしまってはいけません。

むしろそのほうが自分の立場を落としてしまいかねません。

それよりも、正しくネクタイをすることが出来る人に見られた方が印象に残るはずです。

半端に緩めるよりもキチンと締めるほうが印象が良いはずです。

 

  • 結び目にディンプルを入れてみよう

ネクタイをただギュッと結べば良くなるということではなくて、ちょっとだけ工夫をしてみてください。

それがディンプル(くぼみ)を入れるということ。

結ぶときに仕上げに真ん中をへこませるようにして見るだけでいいんですよ。

先日の訪問先の方を撮らせていただいた画像で見てみましょう。

今まではこうだったのです。

ディンプルを入れただけでこんな感じでイメージが変わりますよね?

ネクタイをしていると案外ちょっとしたひと手間を忘れてしまっているかもしれません。

でも、画像の通りただ締めているだけよりも、印象が違いますよね。

というよりも無意識の内のそうだと認識しているはずなんですが、自分事になると気が付かないってことはよくあることです。

特にクールビズ時期になると、どうも適当でも良いと思いがちです。

また巷にあふれる、カジュアルといいますか、くだけたファッションという文化をビジネスに無理やり取り入れようとする思惑に乗せられてしまうと、中途半端になってしまいます。

あえて無理してそんな風にする必要はないですよね。

あくまでも自分らしい立ち振る舞いに見合うネクタイをしてみて下さい。

結果的にはそのほうが良い結果になるはずですよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top