オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

コーヒーはペーパーフィルターで味が結構違いますよ!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はカフェココアッソのお話。

カフェココアッソでご提供出来るのはホットコーヒーのみです。

どうしてもの場合はリプトンとかのティーパックの紅茶などはありますけど。

それと冷たいのは缶コーヒーしかないです。

ボクがアイスコーヒーがあまり好きじゃないってことで。

そこで、ボクがお出ししいているコーヒーですが、すべてペーパードリップ式を採用しております。

そこで、今日のお題であるペーパーフィルターで味が変わるというお話。

 

  • ペーパーフィルターを気にしたことがありますか?

実はこれボクにとって結構盲点でした。

ペーパーフィルターなんて基本同じだろうと思い込んでいました。

ドリッパーの形はいろいろ出回っていますが、それに対応するフィルターの形はだいたい同じなんです。

円錐形と台形の2種類がほとんどでしょう。

ドリッパーも最終的にはこの2つのフィルターを使うってことになるのです。

以前、このドリッパーで味が変わるって記事を書きました。

ドリッパーによって味が変わる コーヒー飲み比べ

ドリッパーによってテイストが変わるだけじゃなくて、そのフィルターでも味が変わります。

ボクが扱うドリッパーは主に二つです。

左が円錐形のハリオ、右が台形のカリタです。

これに対応するフィルターって結構いろいろ売っています。

スーパーやホームセンター、さらには100円ショップにまである。

今まではどれも出所なんて同じだろう位に思っていたんですが、結構違うことが判明しました。

結論から申し上げます。

キチンとコーヒーメーカーの純正フィルターのほうが絶対に美味しい!

これは間違いないです。

なぜ違うのかという謎はわかりませんが、ペーパーの質が違うからというのは合っているはず。

これ、なぜそれに気づいたかというと、ボクがフィルターをケチってショボイ奴を使っていた時があったから。

それを今回キチンとしたヤツと飲み比べて見たら、違うのなんのって。

 

  • ボクのオススメフィルター

台形にはメリタのフィルターがオススメ!

ドリッパーはメリタ式よりカリタ式がいいです。

メリタは穴一つで濃くなりますが、カリタは穴3つで濃さの調整がしやすく、雑味が出にくくて美味しく感じます。

で、フィルターはなぜかメリタのほうが良い感じになります。

基本的な形は同じなので、問題はないです。

この相性はスッキリ系が好きな人ならベストじゃないでしょうか?

 

円錐形のハリオにはそのままハリオの純正がオススメ!

たぶんこれ一択だと思いますね。

対抗馬はコーノですが、入手しやすさからいえば素直にハリオのほうがいいと思います。

やっぱり純正じゃないフィルターとの違いは雑味というがエグみというか、その辺りが感覚的に違います。

味覚なんて人それぞれなんで、好みも千差万別なんでしょうが、やっぱり純正に勝るものなし!

 

  • まとめ

今現在のボクの好みはカリタ式でメリタのフィルターが一番好きですね。

みなさんの好みのドリッパーとフィルターの組み合わせはありますか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top