STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

ドリッパーによって味が変わる コーヒー飲み比べ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はカフェココアッソのネタです。

ドリッパーによって味が変わる

ドリッパーとは挽いたコーヒー豆にお湯を注いで抽出するじょうごみたいなヤツのことですね。

色々なドリップの方法がありますが、カフェココアッソの場合はペーパードリップを採用しております。

その名の通りペーパーをドリッパーにセットしてその上から直接お湯を注ぐ方法です。

一番手間がかからなくて、お手入れメンテナンスもラクチンです。

そして、好みに応じて味を変えることが出来るのです。

 

  • ドリッパーの形によって変わるとは?

カフェココアッソが使っているドリッパーは2つです。

ハリオの円錐形タイプ

カリタ式と呼ばれている穴3つタイプ

 

このたかがドリッパーで結構味が変わります

ボクの個人的な意見として・・・

・円錐形のハリオだと味がしっかりして、余韻が残る感じ。

・3つ穴のカリタ式だと、後味がスッキリ収まる感じになります。

同じ豆、同じ分量他同じ条件で淹れたとしても結構違います。

味覚に関しては人それぞれ微妙に違うので感じ方は変わると思いますけど、違いは判るはず。

最初は円錐のハリオのほうがスカッと落ちるので、スッキリ系になると思ったんですけど、意外に逆な感じです。

どっちがいい悪いはないですから、好みなんですけどね。

その日の体調や気分によって分けています。

あとは豆との相性もあるように感じます。

深みのある豆はハリオ、浅煎りのスッキリ系はカリタがいいように感じます。

 

  • ドリッパーは他にも色々ありますね

ハリオの円錐形の大元になっているのがコーノですね。

カリタ式はもっといろいろあって、最近見たのが、スタバ、ブルーボトル、あとカルディとかに売っているタイプ。

形はほとんど同じなのに、穴が一つしかない。

結構濃く出るでしょうね。

あと、100円均一にもありました。

よく似ていて、穴が3つありますけど、微妙にその穴が小さい感じです。

どんな味になるのでしょうか?

 

  • まとめ

ドリッパーも色々あります。

そしてその数だけ味が変わるでしょう。

手間は変わらずにその時の気分で好きなドリッパーを使う。

好みの味になった時にとっても幸せな気持ちになれますよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top