オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

オーダーメイドスーツでもスペアパンツのススメ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

スペアパンツのススメ

IMG_7871パンツを2本作るという考え方があります。

既製服の量販店ではおなじみですよね。

ある意味これは正論だとボクは思っています。

ジャケットに比べてパンツのほうが早く傷んでしまうのは致し方ありません。

というよりジャケットのほうが先に傷む人を見たことがありません。

誰もが同じです。

どうやってパンツを長持ちさせるか?

これをみなさん悩んでいます。

 

  • だからこそ、パンツは2本以上あったほうがいい!
img_7072

3本用意されるかたもいらっしゃいます!

もうパンツから痛むのがわかっているのですから、事前に本数を用意するというのは理にかなっています。

オーダースーツであるならば、少なくとも思い入れのある一着になると思います。

末永く使ってもらいたいと思っています。少なくともボクはね。

単なる消耗品にして欲しくないし、そうではないからこそ営業支援スーツとして結果を出せるのです。

だからこそ、パンツは2本以上あったほうがいいかなと。

 

  • 収納スペースが少なくて済むということ

メリットは何も長持ちするということだけではありません。

収納スペースが少なくて済むというのもありがたいんじゃないでしょうか。

もう溢れていません?

クローゼットに仕舞いきれないってお話が多い。

恐らくみんな同じ悩みを抱えているはずです。

キチッと断捨離して、必要なのかもうお役御免なのかを選別してもらえれば問題ないかもしれませんが、中々スーツを整理するって出来そうで出来ないですよね。

そんなに増やしたくないって思っているはず。

そして、もう夏場は上着使わないしという時代ですしね。

そんな時、パンツ一本分のスペースで事足りるのはありがたいのではないでしょうか?

 

  • ということで、パンツを複数本用意するというは正解の一つですよ

仕立屋さん的にはそんなことを認めないところもあれば、最近は大々的に宣伝しているところもある。

色々な考え方がありますし、どこも間違ってません。

ぼくのスタンスはボクのスーツは長く使ってもらいたいので、推奨派です。

 

  • あとからパンツを追加して作ることも可能です!

最近多くなってきました。

去年作ったスーツのパンツを追加したいというお話です。

作れますよ!

在庫がある限り作れます。

IMG_7968

定番の生地は継続して生産されている場合が多いです。

在庫があるかどうかは、一度お問い合わせくださいね。

あれば、何本でも作ることが出来ます。

一応注意点としては、年度が替わると、微妙に染めの違いが出る可能性はあります。

同じ配合で染めてくれていても、ほんのちょっと違うだけで上りが微妙に誤差として現れる場合もあります。

稀にそんなこともありますので、合わせて気になる時はボクに相談してくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top