オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今年は起毛素材で仕立るのもオススメです!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今年は夏からいきなり涼しくなり、秋を飛び越してしまいそうな気候になってきていますね。

街のお洋服屋さんも一気にアウターが前面に出てきました。

そこで、スーツも起毛素材の暖かい一着を揃えてみてはどうですか?

 

フランネル素材

一般的にはウール素材のことをフラノって短縮して呼ばれています。

コットンだとネルって呼ばれています。

ネルシャツって言いますでしょう?

コーヒーだとネルドリップというのもあります。

 

このフラノのウールの織物がとても風合いがいいんです。

近年のフラノは軽くて、柔らかいのです。

昔を知る人はゴワゴワ、モサモサってイメージが強いと思いますけど、時代が変わっています。

 

  • フラノってなに?

これは一般的なケバがなくツヤのあるスーツ素材に使われる梳毛糸(そもうし)という毛足が長い原毛ではなくて、毛足の短い紡毛糸(ぼうもし)というバサバサした原毛をつかいます。

毛足が短い原毛を糸にするとそれだけでケバが出やすくなりますよね?

それで織り上げるのです。

さらに織り上げたあとに、縮絨加工(しゅくじゅう)をします。

意図的に縮めるのです。

するとさらに織密度がまして保温性が良くなるってことです。

そしてさらにさらに、縮絨後に表面のケバを整えてあげると、あのフラノ素材のふんわりした風合いになるってわけです。

かなり手間暇かけた素材なのですよ。

img_6850

これはカノニコのフランネル

img_6849

カルロバルベラのクリームフランネル

今は昔と違って目付が軽いフラノ素材があります。

つまり、使いやすいってことです。

厚すぎないので、コートの重ね着でももたつくことがなく、オフィスにいても上着を脱ぎたくなるようなこともないはずです。

身だしなみとしての装いも、季節感を出せますからかなりイケてます。

 

気温のブレは多少あると思いますが、一着冬物って検討されているならば、今年は起毛素材のフランネルを検討する価値はありますよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top