オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

イタリアとイギリスの生地の違いを拡大して見てみよう!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

インポート生地というのがオーダーメイドスーツ業界では主流になっています。

日本の生地も当然ありますが、現状では圧倒的にインポート生地のほうが多いです。

そのインポート生地の中でもほとんどを占めるのお国があります。

それがイタリアとイギリスです。

ほぼこの2つの国だけといっても過言ではないくらい圧倒的です。

このあたりはだいたいこのブログをご覧になっている人であればすでにお分かりのはず。

そして、この2つの産地の生地はちょっと違うよねってイメージがあるはずです。

 

  • 今回はそのお国柄の違いを実際のスーツで比べてみましょう!

今回用意するのは、似たような色合いのスーツです。

img_7004

まず遠目からだとこんな感じです。ぱっと見は同じように見える2着のスーツです。

img_7005

近づいてみると、なんとなく違うような気がしてきましたね。

img_7007

さらに近づいてみると、どうでしょうか?

img_7008

一番寄ってみました。ここまでくると違いがハッキリしますね。ちなみに同じスーツですが、近づくと色補正が入ってしまい上の生地と色味が違ってしまってますけど、同じです。

正解は左がイギリスで、右がイタリアです。

目が粗く見えるのがイギリスらしく、滑らかで艶っぽいのがイタリアと一般的には認識されていますね。

  • ベストで比べてみましょう。
img_6994

まずは遠目から見ると同じように見えます。

img_6995

近づいてみると、どうでしょうか?

img_6998

もっと近づくと大分違いがハッキリしてきますね。

実際に肉眼で見るのと、画像ではやはりちょっと違う感じになりますけど、この粗い感じと細かい感じの違いはお分かりいただけましたでしょうか?

ザックリとした表現として、これがイタリアとイギリス生地の違いになります。

 

  • これがすべてではないです

イタリアにも粗い感じの生地はありますし、イギリスの生地にも艶っぽい滑らかな生地はあります。

すべてには当てはまらないですが、一般に浸透しているイメージではこんな感じになるのではないでしょうか。

 

  • どちらの生地も大変素晴らしい

どっちもいいんですよ。

風合いも色合いもどちらが優れているというのはありません。

使う糸と織機が違うとこんな感じに違いが出るのです。

あとは好みでどうぞってところでしょうか。

 

とはいっても、迷うとは思います。

実際に触れて見る。

そして、ボクに相談するのが一番です。

どっちの生地にも得手不得手はありますからね。

その辺りのバランスを見極めながら、生地を選択すると、オーダーメイドをもっと楽しめるでしょう。

参考になったかな?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top