オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

コートを選ぶときの素材と柄はどうしようかな?

ターナー(土方)です。

 

コートを選ぶときの素材と柄はどうしようかな?

既製品と違って、オーダーメイドは素材選びから始めます。

ということで、

コート素材の代表的な素材の一つをご紹介。

IMG_2720

意図的にフェルト化させているんですね。

「メルトン」

誰しも聞いたことはあると思います。

これは生地の素材の名称です。

これはウール素材を使っています。

通常は織機で織り上げて風合いを整えていくのですが、このメルトンはそこから縮絨加工と言って、意図的に縮毛加工を施します。

簡単に言えば、生地の目をぎゅっと詰まらせるのです。

密度が高いですから、保温性、防風性に優れ、非常に丈夫になります。

その分、ゴワゴワして、重いですね。

これは、元々海の男が冬場の寒さを防ぐために作られたと言われています。英国海軍が正式採用されてからメジャーになりました。

良く言う「Pコート」

このPは、pacific(パシフィック)がルーツなんて言われていますね。

最近は、メルトン風のフリース素材なども出回り、軽くて気楽に着ることが出来るものもありますが、本来は荒々しい冬の海に立ち向かう男を守るために、重くゴワゴワしてるけど、その分保温性と丈夫さを合わせた素材なんですよ。

ちなみに、画像の素材は、メルトンなのに、カシミア混で少し穏やかにしてあります。

 

そして、

コートと言えば、代表的な柄がありますね。

IMG_2721

これはイタリアのE.THOMAS(イートーマス)というとこのヘリンボン柄

IMG_2723

これはイタリアのCOLOMBO(コロンボ) カシミア素材ではとっても有名なんですよ。

「ヘリンボーン柄」

もうご存知かと思いますが、ヘリンとはお魚のニシンのこと、ボーンとは骨。

ニシンの骨のようだからこう呼ばれています。

本物のニシンの骨ってあまり見かけませんが、でもイメージは湧きますよね。

こと日本においては、「杉綾織」と呼ばれています。

これまた杉の木に似ているからだそうですね。

やはり本物の杉の木にふだん触れる機会があまりありませんから、馴染がありません。しかしイメージが湧いちゃうのが不思議な柄です。

この柄が世に出始めたのは、今から100年くらい前だそうです。

それほど大昔から存在していた柄ではないんですね。

しかし、不思議なものでイメージからの印象というのはとても強力なのです。

人は視覚から入手する情報は全体の8割にも及ぶそうです。

つまり見た目で印象付けをするってことです。

しかも一度印象として焼き付いたイメージや習慣はそう簡単には覆りません。

何が言いたいかというと、

【ヘリンボーン柄=冬のコート】

って、一発で連想しませんか?

それだけ認知されている柄ということです。

もしオーダーメイドでコートを作成するならば、出来るだけ末永く着用していただきたいと思います。

これから先、ずっと貴方を表現し、安心して羽織ることが出来る柄を選ぶとしたら?

そう、このヘリンボン柄が第一候補の上がるでしょう。

 

せっかく作るなら、サイコーに幸せな一着にしたいですよね!

オーダーメイドコートは羽織った時に、おもわず笑顔になっちゃいますよ。

参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top