オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

季節の変わり目のジャケパンをどうするのか?これがオススメです。

ターナー(土方)です。

 

季節の変わり目のジャケパンってどうするのか?

スーツスタイルの場合、結構ギリギリまで平織の夏素材を引っ張れたり、

そんなに厚手なスーツ素材でなければ違和感なく季節の変わり目をカバー出来ると思います。

 

では、ジャケパンは?

実はジャケット素材って、この季節の端境期に合わせた素材って意外に少ないんですね。

厚手の冬物か、薄手の夏物か。

両極端な素材が多いんです。

本格的に季節が変われば最高なんですけど、みなさんが迷うのがそのどちらでもない季節の変わり目。

何を着ていいかわからない時期。

まだ夏物着ているのって思われるのも嫌ですし、ホカホカの冬物ジャケットも空気読めない人っぽく思われちゃいそうですよね。

 

そこで、先日紹介した自前のジャガード柄のジャケットを着てみました。

IMG_2759

全体的な感じはどうでしょうか?

パンツはジーンズにして、重い感じを無くして、ユルい感じにします。

IMG_2760

このジャガード織と言うのは、実は・・・流行っているのです。

IMG_2761

オーダーメイドですからね。 裏地は彩度の高い色で遊ぶのもいいでしょう。

こうすると、とっつきにくいイメージは無くなるんじゃないかな?

もちろん、ドレスパンツにしてビジネス感を出してもいいですね!

さすがにまだ厚手のジャケットを着たいとは思いませんよね。

秋口にジャケット羽織りたい時期に、これはいいですよー!

ホント、季節の変わり目からすぐ着れます。

ボクが言うのもなんですが、軽くて快適ですね!

IMG_2740

近くに寄った時の表情。画像程派手じゃないんですけどね。

ご参考になれば幸いです。

わからないことがありましたら、お気軽にご連絡くださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top