オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今からスーツを仕立てるとしたら、どんな生地がいいですか?

ターナー(土方)です。

 

今からスーツを仕立てるとしたら、どんな生地がいいですか?

 

今からお仕立てをするとなると、

8月からご着用って感じになりますね。

 

ということで、

どんな生地がいいのでしょうか?

ってことのご紹介です。

 

ポイントは3点

 

・とにかく暑がりなので涼しくあって欲しい

・9月以降、秋を意識していきたい

・夏はもういらないから、秋冬が欲しい

 

ってことだと思います。

 

まず、

【涼しくあって欲しいという場合】

もう夏生地以外に選択肢はないでしょう。

夏生地とは、放熱性、放湿性に優れた生地です。

ここでのポイントはいかにも夏ですよっていう色合いを避けたほうがいいってこと。

ビビットな色、薄い色(ライトグレー等)は避けて、ややダルかスモーキー系の色合いを選んでおくといいでしょう。

IMG_1004

例年9月以降も残暑が厳しいとは思いますが、

9月は秋になります。

街のショーウィンドーは秋冬のディスプレイが飾られ、

待ちゆく女性の早い人は、ブーツ系を履き始めます。

そんな時に夏をイメージさせる色では・・・ってことですよね?

 

キーワード:女性の衣替えを意識してみよう。女性のシーズンの切り替えは男性より速いです。それと合わせるくらいにすると好印象を与えることが出来るのです。

 

 

次に、

【9月以降、つまり秋を意識して仕立てたいという場合】

この場合、考えられるパターンとして、

夏はもうシャツだけで上着を着ないってことが挙げられます。

たまに、会議などで上着を着用するくらいという状況。

 

たまに上着を着たいかもっていう状況には、

ザックリ系の素材がオススメです。

まず、ザックリ系の素材はそれなりに重さを感じると思いますけど、

通気性が意外にいいので、ムレにくいのです。

つまり、結構夏場の上着着用が大丈夫だったりします。

暑がりのボクが実際に着用してますので、本当です。

で、

秋以降に本格的に上着を着用し始めるときに、真価を発揮します。

ザックリした素材は、9月以降の着用で、夏物っぽく見えないのです。

先ほどのキーワードで、女性のシーズンの切り替えは早いってお話しましたね?

そのバランスを取りやすいんです。

まだ夏物着てますねって視線を感じることなく、むしろその場のイニシアチブを取れるくらいの存在感を演出することが出来るくらい優秀なんです。

IMG_1107

非常に使いやすい素材と言えます。

ただし、色使いとしてあまりライトカラーを選択すると意味がないので、ここは落ち着いた、ネイビー系がオススメです。

たまにの一着から、いつのまにやら、ヘビーローテーションな一着になっているでしょう。

 

そして、もう一つ、

欧州圏で存在するオールシーズン着用することが出来る生地を選択するという手があります。

四季のある日本には馴染みがない生地ですが、向こうにはあります。

一見すると秋冬っぽい生地ですが、それを軽く、薄くしたイメージとでもいいましょうか。

実に便利な生地です。

もっとも夏と冬を両立させることは出来ませんので、秋、春がメインで快適で、夏、冬も十分こなせるって生地です。

8月に上着を着るかもねってくらいのスケジュールなら、相当オススメ出来ます。

そして、9月以降の上着を本格的に羽織る状況では、これほどの扱いやすい生地はないでしょう。

IMG_1256

快適、そして装いとしてもこの上なく完璧です。

 

最後に、

【夏はいらないから、秋冬に絞る場合】

ココアッソでは、最新の今季のコレクションが揃ってきました。

IMG_1302

これから本格的な夏ですが・・・

 

秋冬物を仕立てたら、いつから着ていいのか?

ダメとはいいませんが、8月はやめておいたほうがイイです。

流石にまわりとの調和がとれません。

9月半ばころから気候のバランスを見ながら着用していくとよろしいかと。

この秋冬物、超人気の色、柄というのがあります。

実は、8月中には品切れます。

ホントです。

なので、明らかにイイよって生地は、

ピンときたらご注文していただいたほうがいいですよ。

品切れたら終りです。

早いんですよ。この業界は。

秋冬でお考えでしたら、ぜひ下見にいらしてくださいね。

IMG_1173

早い方は、もうご注文いただいております。

 

 

ただ闇雲にスーツを仕立てしても、

とりあえず購入しても一着は一着です。

それでクローゼットのスペースは埋まります。

ボクは「営業支援スーツ」とずっと言ってますが、

毎日使うスーツだからこそ、

とりあえず購入するべきではないと思ってます。

その購入した一着は、しばらくはみなさんの相棒になるのです。

どんなスーツだろうと相棒です。

一回着て気に食わないから、処分することなんて出来ないはずです。

渋々着るか、タンスの肥やしになるか・・・

結果として、大事なクローゼットのスペースを埋めてしまうことになり、

優秀な相棒だけを疲れさせてしまうだけになります。

であれば、どのスーツも優秀な相棒にしておいたほうが、圧倒的に便利だと思いませんか?

どのスーツを毎日選んでも、

スルッと袖通しがよくて、肩が凝らない。

誰からも振り替えられる装い。

こんなに気分がイイことはありません。

毎日笑顔が絶えません。

結果として、

成績が、

評価として表れるのは当然なのです。

 

すばらしいと思いませんか?

 

そうだよね。って思われましたら、

ボクまでご連絡ください。

最適な一着をご提案いたします。

 

ご連絡方法は、

お電話、お問い合わせメール、Facebookからでも受け付けております。

 

IMG_1285

スーツで見える景色が変わりますよ。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top