STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

長持ちさせる為には人間と同じようにスーツも休ませよう

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています

スーツを長持ちさせるコツのお話

それはしっかり休ませること人間と同じように休息を与えることで、スーツはリフレッシュします。

逆に休ませることなく働かせすぎると・・・

当然疲労が蓄積していきます。

それが常態化してしまうと・・・

当然・・・

ということですね。

これは人間と何ら変わりません。

 

昨今スーツが安価で手に入り、モノのとしての価値は大幅に下がっています。

使い捨てという言葉はスーツに当てはめたくはありませんが、残念ながらそういう文化が定着しているのも事実です。

またその使い捨てという考え方がないとしても、長持ちをさせる為に必要なことをさせて上げない過酷な労働環境にしてしまっているのに気が付かない場合も多いでしょう。

スーツと言うのは毎年買い替えるほどヤワではないんです。

また一年でテカテカになるようなこともないのです。

そうなるような着方をしているだけなのです。

 

  • スーツは休ませよう!

蓄積した疲労は休息を取ることによって回復します。

スーツに使われるウール(羊毛)は本体自己回復力があります。

あるべき元の状態に戻ろうとしてくれるのです。

シワやヨレを取ろうとしてくれるのです。

ただし、それには時間がかかるのです。

そのかかる時間をとらないまま、次の作戦に投入するから、HPはどんどん削られてしまうというわけですね。

冒険宿で一晩過ごせばHP,MP共に満タンになるわけではないのです。

ですからポイントとしては、その回復させる時間に合わせて着回しをいたしましょう!

 

  • 推奨は一週間に一回着用まで!

ボクの推奨は一回着用すると次は一週間後です。

平たく言えば週休二日制であれば、5着は必要ということです。

最低この着数は欲しいところです。

もしこの体制が構築されれば、おどろくほど一着当たりの寿命は延びるでしょう。

傷みが格段に少なくなります。

回復にはそれだけ時間を要すると言いうことです。

現実的には中々5着を着まわすにはコストや収納スペースなどの諸事情により困難な場合もあるでしょう。

その場合には、最低でも4日は休ませたいところです。

それだと恐らく回復しきっていない可能性がありますので、スチーマーなどで蒸気を当てるなどのひと手間をかけて上げて欲しいですね。

その手間の分だけ、期待に応えてくれるようになるでしょう。

良くある話が、二日に一回着用する、つまり2着で着回しというパターン。

さすがにこれはNGです。

どんなにお気に入りだからといって使い過ぎです。

テカってからでは後の祭りですよ!

 

  • まとめ

ボクの推奨は一週間に一回着用です。

ただ難易度は高いでしょうから、少しずつ揃えていくようにしたいですね。

またジャケットに比べパンツの劣化が早いのは誰でも同じです。

その場合はオーダーであろうともスペアパンツを作成することが出来ますから、少ないコストと省スペース化が可能となりオススメです。

ぜひ今お気に入りのスーツがあるならば、長持ちさせる為に休ませてあげて下さいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top