STUDIO  COCOASSO

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

バーゲンセールを迎える前に今あるお洋服を見直してみましょう

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

6月も中盤に差し掛かりました。

すると気になるのはバーゲンセールではないでしょうか?

ボチボチそんな情報も入り始めていることでしょう。

スケジュールを確認している人もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今日はそのセールに入る前にやって欲しいことを書きます。

 

  • タンス在庫を確認しよう!

新しいお洋服を迎え入れるスペースはありますか?

ズバリこれです。

業界用語で言うと「在庫棚卸」通称在棚をしましょう!

ハッキリ言って、もうお洋服は十二分に持っていると思います。

タンスの中、引き出しの中、押し入れの中、クローゼットの中には十二分に詰まっているはず。

沢山持っているでしょう?

それをこのセールが始まる前に、キチンと整理しましょう。

もっと端的に言うと「断捨離」しよう!

 

  • お洋服は断捨離する必要があるアイテム

これはセミナーなどでもちょくちょくお話をしていますが、とても大事なことなんです。

モノが足りない時代ではありません。

モノ余りの時代ももはや過去の話です。

モノを抱え込んでいる時代なんじゃないかと思っています。

モノが溢れちゃっているのが現代だと認識しています。

その中でもお洋服というのは特に溢れやすいアイテムです。

居住スペースに占める割合は結構多いはずです。

そして、そのスペースにはもはや追加で入りきる余力は残ってないはず。

ありていに言えば、パツパツになってませんか?

ボクは仕立屋さんですから、スーツでお話をすれば、クローゼットに入りきらなくて、部屋の壁に引っかけているなんて人いるのではないでしょうか?

そんな状態では新しいお洋服を迎え入れる環境が整っているとは言えませんね。

気持ちよく新しいお洋服が来てくれるようにする為には、断捨離はしなければならないのです。

 

  • 断捨離のポイント

いきなりやれっていわれてもなかなか難しいと思います。

もし溢れている状況であれば、もはや何から手を付けていいか分からないと思います。

そこで、ボクのオススメのポイントを書いておきます。

 

・簡単に仕分け出来るアイテムから始める

これ大事です。

いきなり大物に目がいってしまいがちですが、その前に慣らし運転として、ラクなアイテムから始めましょう。

例えばカットソー系とかがいいでしょう。

思い切って、タンスの中にあるものを部屋に全部引っ張り出します。

押し入れの中にあるプラボックスに入っているものも全部出しちゃいます。

おそらくこんなにあるのか!?ってくらいあるはずですけど。

ここまでやっちゃえば、あとに引けなくなりますから、仕分けモードにはいれるはずです。

 

・ときめくかときめかないか?

コンマリさんのこの魔法のフレーズによる仕分けはとっても有効です。

手に取って瞬間的にときめくかときめかないかで、判定してみましょう。

ハッキリ言えば一年以上着ていないものはときめかないはずです。

そうやって、テンポよく、勢いよく仕分けしていきましょう。

すると恐るべき数のアイテムがときめかないことに気付くはず。

残るアイテムは、ほんの少しだけってことになるかもしれません。

でもそれが必要なアイテムで、毎回いつも着るものがない!って言っている証拠でもあるのですね。

そして足りないアイテムがなんなのかが分かってくると思います。

それがこのバーゲンセールで手に入れるべきアイテムになると思いませんか?

 

・スーツなどの大物は最後に取っておく

先ほども書きましたけど、スーツなどの目を引くアイテムは決断がしにくい、または判断が鈍るアイテムです。

小物系で十分に慣らし運転しておかないと中々踏み込んで仕分けできません。

逆に、暖機運転で暖まった状態になると、とてもよく観察出来るようになります。

そうなると、傷んだスーツ、ボロボロ、テカテカ、エリが変色しているなんて部分がとてもよく見えてくるでしょう。

そすると仕分け出来ますよね?

また、「いつか着るかもしれないスーツ」って誰しも持っているはずです。

ハッキリ申し上げると、その「いつか」はまずやってきません(苦笑)

大物を収納するスペースは有限です。

新しくやってきて欲しい「いつも着たいスーツ」にそのスペースを譲ってあげたほうが良いと思いますよ。

中々手を付けられないスーツ類ですが、今のタイミングだからこそ、そして脳ミソが断捨離モードになっている時だからこそ、思い切ってやり切ってしまいましょう。

そうすれば、なぜいつも同じスーツばかり着ているのかという意味が分かってくるでしょう。

そして、本当に必要なスーツがなんなのかがわかってくるというものです。

 

・最後に断捨離でして欲しいこと

仕分けで残念ながら処分ないし、古着屋さんに持っていくことになったアイテム達にして欲しいことがあります。

「ありがとう」

一言感謝の言葉をかけて上げてくださいね。

長年自分の体を体調を、尊厳やプライドを守り抜いてくれたお洋服たちです。

気持ちよく見送ってあげましょう。

そうすれば新しく生まれたスペースに、来るべく新しいお洋服達が必ず見つかるでしょう。

 

ボクが自宅の整理をしていて、試したやり方です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

そして、もうすぐ始まるバーゲンセールを楽しみましょうね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top