オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

情報過多の時代に無理し過ぎないのも大事なのではないでしょうか

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ちょっとみなさんに聞いてみたいことがあります。

・この一年で日常的に取得している情報は増えていらっしゃいますでしょうか?

・それとも減っているでしょうか?

・現状維持でしょうか?

どんな感じでしょうか?

 

  • もしかして情報過多になっていません?

これはあくまでもボクだけかもしれませんのであくまでもボクの主観でのお話です。

元々一年前以降ですでに情報過多になっていたところに、さらに輪をかけて情報が増えているとボクは実感しています。

正確には情報に触れている時間が長いと言いますか、PCやスマホをいじっている時間が長くなっている以上自動的に情報が増えているのが現状です。

お腹いっぱいなのにさらに追撃でおかわりする感じでしょうか?

フードファイターではないので、これ以上は入らないというか、見たくもないレベル。

そう感じているのはボクだけなんでしょうか?

ボクは明らかに情報過多に陥っています。

普段取得している情報でさえあまりにも多すぎてすり抜け気味に、もしくはスルーしがちになっています。

もういいんじゃないって感じです。

SNSにしてもそう感じている方もいらっしゃるかもしれません。

他人のごはんネタとか動物ネタとか人生の教訓ネタとか、もう見飽きてきているのかなと。

リアルに人と人の触れ合いや出会いや語らいとった時間がいかに大切なのか。

そんな時間を共有する空間というのはオンライン上や仮想空間では真似出来ないんでしょうね。

飲み会やどんちゃん騒ぎを良しとするわけじゃないですが、リアルコミュニケーションの場がある意味情報取得をキュレーションしてくれていたんだなって感じます。

だってその時間はそこでのリアルタイムな経験でいっぱいになりますから、余計な情報にさらされなくて済みますよね。

一昔前にちょびっと現れたフレーズとしてデジタルデトックスなんてありましたよね。

別にデトックスしようとは思いませんが、リアルな場での情報共有をする時間が欲しいと思う今日この頃です。

情報取得というのは時には大事ですが、基本は無理しすぎないようにしたい。

ちょっとコーヒーブレイクしましょ。

その方が健康を維持出来るし、適量を嗜むくらいが楽しくて丁度良いですよね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top