オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

アナログ情報が何よりも大切だからこそ

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

プリンターが絶不調なままだましだまし使っていましたが、ついにプリントが出来なくなってしまい、新型を投入したというどーでもいい話です。

創業したときに購入したエプソンのプリンター君、いままでありがとう!

なかなかに曲者でちょいちょい機嫌が悪くなりつつも、頑張ってくれました。

約6年半ちょっとくらいですかね。

インクを買い足した瞬間に完全にいうことを聞かなくなるという、最後まで駄々をこねてくれましたが(苦笑)

ある意味一番の功労者かもしれません。

ボクは何だかんだで紙媒体を多用します。

デジタルデバイスだけではくみ取れない情報だったり、感覚だったり、その他数値などの細かい内容の記録は紙を使っています。

カルテは紙の方が良いんです。

後々読み返すことが容易だから。

ボクはかなり多くのお話をさせて頂いて作成をしていく仕立屋さんです。

最近ではこういったアナログ色を一層したそれこそスマホでサクサク作成する、もうボクのような人を介することもないスーツのオーダー方法が定着しつつありますが、そこじゃないところが大事だと感じています。

ボクのカルテには走り書きのようなメモ書きが残っています。

それがキモなんですよ。

その情報が大切で、そこから真実の答えや正解を紐解く鍵が詰まっているのです。

そこを否定しちゃったら、それこそボクそのものが不要になってしまいます。

だからこそプリンターが一番の功労者なんじゃないかと。

今回からはブラザー君にバトンタッチです。

今は御承知の通りテレワーク時代ということもあり、慢性的に品不足になっているそうですね。

こっちとしてはすぐにでも欲しかったけど、在庫が無いんじゃしょうがありません。

なるべく最短で手に入りつつ今後の運用上コスパが良いものと考えると大容量インクモデルが良いと考えるとコレになりました。

そこで初期設定をしている時にふと思ったこと。

大容量インクカートリッジだと思っていたんですが。。。

相当な上げ底と言いますか、中までギッシリ入っているわけじゃないのね。。。(苦笑)

中々に荒っぽい運用になっちゃうけど、これからよろしく頼みますよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top