オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツ、ジャケットは肩で着るからこそ、肩の形のハンガーで休ませるのが理想です

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

スーツやジャケット、またはコートといった羽織るアイテムをどのように保管するかで、その後のパフォーマンスが大幅に変わってくるというお話です。

いつも愛用しているそのスーツ、まさかとは思いますが毎日連続着用なんてしていませんよね?

少なくともボクのブログの読者のみなさんはちゃんとローテーションを守って着用されているはず。

初めてお越しいただくみなさんも、ここに辿り着いたということは何かしらトラブルがあってのことだと思います。

なので、おさらい致しましょう。

・ボクの推奨するスーツの着用サイクル

週一回着用が理想

つまりシーズン5着は欲しいということですね。

そしてちょっとハードルを下げたとします。

一回着用したら4日は休ませる、それが間に合わないなら3日は必要

ということを提唱しています。

スーツというのは価格や品質、ブランドや既製品、オーダーメイド等々に関わらず、連続着用をしていると寿命が短くなります。

最近出回り始めた、スーツの形をした作業服は別ですよ。

あくまでも正当なスーツでのお話です。

スーツの使われる生地の基本はウールが主流です。

そしてこのウールは着心地や風合い、色柄、質感はもとより夏は涼しく、冬は暖かいとった超高性能な性質を持っているとても優れた織物です。

着用じわの回復力もあります。

この優秀な性能を活かす為には正しい休ませ方をしてあげる必要があるということです。

逆に言えば休ませてあげないと、疲労が蓄積していくばかりで加速度的に劣化してしまいます。

これは人間と同じなんですね。

そしてその休ませ方一つとっても大きくその後が変わっていきます。

そうハンガーの形が大切なんです。

 

  • 人間の肩の形が理想の休息

立体的に作られているのがテーラードジャケットです。

丸く体に沿うような構造をしています。

ということは人間が羽織った状態が理想というわけです。

現実には人間が着用しつつ休ませるなんてことは出来ませんから、その代わりとなるアイテムがハンガーになります。

ということで、ハンガーは人間の肩になるような形が理想です。

ヒジョーに大切なポイントです。

効率重視の収納の達人のアドバイスを受けてしまうと、細い針金のようなハンガーでギリギリまで収納スペースを稼ぐといったことになりますが、ボクはそれを推奨していません。

他を削ってでもスーツを保管する為のスペースを確保したいとことです。

その上で、ハンガーを人間の肩に似せた肉厚のものを仕様しましょう。

たったこれだけでスーツの寿命は大幅に変わります。

近年のスーツやジャケットは一世代前よりもデリケートな生地を使い、製法も頑丈さよりも柔らかさや薄さ、デザイン性を重視していますので、ハンガーを肉厚にして休ませてあげるというのはとても大切なのです。

ちなみにハンガーはなにも高額なモノにする必要はありません。

現実的に使えて、且つ見栄えが良くて、カッコ良いハンガーとしてはマイネッティ社のハンガーですね。

理にかなった形でおススメです。

テーラーやサロンご用達のイタリアのハンガーメーカーがマイネッティ社です。

この丸みを帯びたこの形だとしっかりと疲れを取ってくれるというわけです。

 

ご参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top