オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

最新のモダニズムではなく復刻版ヴィンテージ生地の風合いがたまりません

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ジャケットとと言っても人それぞれ様々な着こなし方や目的があるかと思います。

急速にスーツからカジュアルという流れに移行している世の中ですが、そろそろそんな流れに慣れてきて、もう少し変化が欲しいなと感じてきたらこんなジャケットをラインアップに加えてみてはいかがでしょうか?

これはカノニコヴィンテージで作成しています

 

  • あえて最新のモダニズムではなくヴィンテージ

ファッションの世界ではトレンドという言葉がどうしても付きまといます。

日本語にすれば流行です。

このファッションという感性をお仕事にしている世界ではその年のその流行を数年前からから仕掛けを施していて、そしてそれで世界を動かしています。

半年ごとに常に最新と言う名のトレンドを発表し続け、その都度熱狂的なファッショニスタはクローゼットの中を入れ替えていくというのが世の中でした。

昨年突如世界を変えてしまったコロナの騒動で加速してきましたが、それ以前からSDGs(エスディージーズ)というサステナビリティ(永続的な)という消耗戦から抜け出してもう少し地球にも優しくなるように長く着ようよ的な流れは起きつつありました。

毎年トレンドに踊らされるというも疲れちゃいますよね。

そもそももう新しい部分なんて出し尽くしてしまった感がありますしね。

オーダーメイドに限らずテキスタイル(生地)全般もだいぶ前から新しさばかりを追い求めるのではなくて、古き良き時代の風合いを復刻させる流れがあります。

そのままヴィンテージと言う名の売れ残りを引っ張りだすのではなく、現代の織物技術とセンスでリファインした古き良き時代感を表現した生地ということです。

良い意味でこの復刻版の生地の風合いがボクの心に刺さります。

サステナビリティとはちょっと違うのですが、こういう復刻生地がどうにも気になって仕方がありません。

だってカッコ良くないですか??

このモデルはターナースペシャルカットです。

ラペル大きめ、ゴージ高めでなで肩前肩体形の人にいかにも快適そうなシルエットにしています

そしてこの古き良き時代感を醸し出すこの色合いが最高ではないですか?

このジョリジョリした風合いがたまりません。

着こなしの組み合わせなんて難しくありません。デニム素材に合わせてオーケーです。

 

こういうヴィンテージ感のある素材は平成世代の方にはとても新鮮なはずです。

このような生地なんて平成には生み出されてないですから。

逆に昭和世代には懐かしさがあるはず。

それを上手く今の時代に合わせてきているのが復刻版ヴィンテージ生地です。

ただのジャケパンじゃ物足りなくなってきたら、手を出してみてはいかがでしょう?

着こなしなんて好きな組み合わせていいんです。

タイドアップしてもいいし、そのままスニーカーでお出かけして良いし、むしろそんな型にはまらない着こなしがサマになるはずです。

ボクは最近はこんなヴィンテージ感のある風合いが大好きでございます。

いかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top