オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

季節の変わり目に一番適しているのはオールシーズンという生地です

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

一昨日、昨日ととても暖かくすごしやすい一日でしたね。

梅の花も一気につぼみから開花しているのを見かけました。

春ですね。

とは言っても今週は再び寒くなる予報が出ていますから、くれぐれも体調管理は万全にしてくださいね。

気温が安定しないと着る服を迷うということはありませんでしょうか。

ボクは仕立屋さんですので、スーツでのお話で言えば、この季節の変わり目に一番適しているのはオールシーズンという生地なのは間違いありません。

ボクも愛用していますが、極めて快適です。

数年前に作成した私物のオールシーズン生地スーツ

こんな感じの肉厚感が丁度良いのです。

クタクタに見えるのはわざと芯地を抜いて作成しているからなんですよ。

昨日位の気温で最高のパフォーマンスを引き出してくれるくらいの肉厚感の生地というバランスです。

これだとさらに多少暑くなっても、また寒くなってもどちらに振り切れようがある程度の紺差をものともしない快適さを維持することが出来ます。

そして、着る服を迷わなくて良いというメリットを大いに享受出来ます。

三寒四温という日本には素敵な表現が存在します。

美しい言葉ですが我々ビジネスパーソンにとってはこの時期の装いをどうするかという解決方法をなかなか見出しにくいのではないかと思います。

 

  • 合物を中心に揃えていくという考え方

一昔前までは、春夏物と秋冬物というくくりが服装の基準の一つになっていました。

勿論今でも基本ではありますし、ブランディングという自分の価値基準を浸透させていくにあたっては必要な切り替えになります。

そこを少しズラしてみるという手もありなんです。

ボクがココアッソを創業した時からずっとご紹介しているオールシーズンというのはそこがポイントになっています。

夏はもうスーツを着ないのが当たり前になってきました。

温暖化の時代でもありますし、フルアーマースーツスタイルで夏を乗り切ろうとする方がドン引きされてしまいますからね。

それでもこの時期はスーツがビジネスにおいては威力を発揮するのでしたら、迷くことなくむしろハイパフォーマンスを引き出してくれるほうが良いに決まっています。

夏前までが最適なスーツ。

前世紀において日本では合着、合物(あいもの)と呼ばれていたこの中途半端な立ち位置にあるオールシーズンスーツが現代は一番ヘビーローテーションで活躍出来る。

そろそろ揃えておきませんか?

おススメです。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top