オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

シャツの襟の裏側にあるカラーキーパーをご存知でしょうか?

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今日はシャツに関する小ネタのお話。

襟裏にカラーキーパーなるパーツがあるのをご存知でしょうか?

その名の通り襟をキープする為のパーツです。

まずは画像で説明しましょう。

このシャツの襟の裏側にそれはあります。

ペロッとめくるとこの刺さっているプラスチックのパーツがそれです。(撮影のためにちょっと引き抜いています)

これをカラーキーパーと言います。

 

  • カラーキーパーで襟にハリを持たせてパリッとした印象にすることが出来る

まず、このカラーキーパーというのはどんなシャツにもあるわけではないです。

既製品の場合は取り外しが出来ない様に封入して縫い付けられている場合が多いでしょう。

またボタンダウンシャツのようにそもそも襟に芯地を入れずに柔らかい風合いを特徴とする場合はこのパーツは不要です。

ボクが扱うようなオーダーシャツの場合はほとんどがこのカラーキーパーが自分で抜き差しが出来るようになりますでしょうか。

これによって何がメリットなのかと言えば、シャツの印象を変えることが出来るということでしょう。

パリッとした印象にも出来るし、このキーパーを外すことによってやさしい印象にすることも出来きます。

結構お得ではないでしょうか。

もっともそのシャツの都度都度印象を変えるためにのキーパーの抜き差しをするという人は相当マニアな人でしょうね。

逆に言えば、そんなちょっとしたことでも雰囲気は変えられるということですね。

ただネクタイを外しただけにしか見えない人と、ノータイスタイルが妙に決まって見える人の差はこんなちょっとした小技一つで決まるものです。

 

もし今ご自分の手持ちのシャツを確認することが出来るのでしたら、一度襟の裏側を確認してみて下さい。

もし着脱可能であったならば、たまにはこのカラーキーパーの有無で印象を変えてみるのはいかがでしょうか?

 

それと、もしココアッソでシャツを作成頂いた方で、このキーパーを無くしてしまったという方がいらっしゃいましたらボクまでご連絡ください。

スペアご用意しますからね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top