オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

変化に対応出来る者だけが生き残れる

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

公式には昨日で一応お仕事をお納めさせて頂き、今日からお休みをさせていただいております。

どの業界も同じかと思いますが、仕立屋の世界も年間では波があり、ボクも例外なくその波があります。

今年は例年と同様以上に秋から一気に貫き通して今日に至ります。

本気で一瞬で終わってしまったくらいにあっという間でしたね。

今年も全国のスタバとタリーズにお世話になりました。

そしてボクの場合は定休という概念がございませんので、ノンストップです。

ということで、年末年始はオフィシャルでのんびりさせて頂くことに決めております。

なんだかホッとして疲れがどっと出てきているのと、また頭の中ではお仕事モードが抜けないのでソワソワする自分が同居しているこの感覚。

これも起業してお仕事をさせて頂いている者の醍醐味ってことで充実しています。

ま、お休みでもこのブログを更新していること自体どうなのよ?ってことは置いておいて今後のあるべき方向、どこに向かうべきなのかを少し考えていた時にやっぱりこのタイトルが浮かんでくるんですよね。

変化に対応出来る者だけが生き残れる

 

このキャッチコピーは誰もがどこかで聞いたことがあるはず。

ダーウィンの名言として有名です。

実はダーウィンの進化論では一言もそんなことは書いていないし発言もしていないのに何故かそういう流れで定着してしまったこの謎の名言。

誰が最初に言い出したのか誰も知らないけど、結構真理だったりするから名言なんですよね。

まさにこれから迎える2021年に相応しい。

既存の価値観やビジネスモデルをことごとく打ち砕いたコロナという災厄。

むしろ大躍進のキッカケになり、大きく業績を伸ばしたところもありますが、とんでもないことになっているところもある。

まさに強制的に変化を促されてしまった年でした。

アパレル全体で言えば間違いなく後者になります。

政界や中央省庁とのパイプもないので観光関連、飲食関連のような救済措置も全くなく、まさにゲームで言うところの死体撃ちされ続けている状態にあります。

にも関わらず、相変わらずどこも余裕かましているとか。

ある意味すごい業界です。

とはいえ、どうあがこうとも2021年は変化をせざるを得ないでしょう。

生き残るためには変化をすることは避けられない。

それもすでに既存の確立したビジネスモデルを真似するような、または単にECを拡充します的なすでに言い訳ですを公言するような延命ではない変化をする必要があるのでしょうね。

オーダーメイドの世界もその延命のために続々と参入してきています。

だからこそのカオス。

これを嫌うのか、それともこの混沌があるからこそ変化を促されているとして、新しく生み出していくのか。

どちらを選択すかによって当然未来は変わるでしょうね。

もちろんタイトル通りになるのは必然だと思っていますが。

それをボクの立場に落とし込んで、どう進化させていくのか?

のんびり湯船に浸かって考えている年の瀬です。

面白くなるようにね!

 

来年のご予約、ご質問などは年中無休です!

こちらからお願いいたします!

ご予約はこちらから←予約フォームへ

お問い合わせはこちらから←お問い合わせフォームへ

Facebookお問い合わせ←Facebookからでも可能です

メール、メッセージは24時間お受けいたしております。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top