オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

2021年のビジネスウェアの動向はどうなるのか?

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

クリスマスが過ぎると町は一気にお正月に向けて準備が始まります。

思い出すと昨年の今位でしょうか?

武漢がヤバイ事になっているとか話題になっていましたよね。

まさか世界がここまで変わってしまうとは誰も想像だにしなかったのではないでしょうか。

あらゆる業界、産業、人々の生活がそれまで当たり前だったこととは違う方向に向かって今に至ります。

まあ、その手の話ではなくて、お洋服も来年に向けて準備をしておいてもいい頃合いではないでしょうかというお話です。

お仕事のあり方が変わってしまいましたからね。

その上てボクの考えている2021年のことをお話しましょう。

 

  • 2021年のビジネスウェアの動向はどうなるのか?

2021年は益々スーツを着用する人と着用しない人との境目がハッキリ分かれることになるでしょう。

スーツを着用することが求められれる人は来年以降その身だしなみが益々重要になっていきます。

ビフォーコロナ時代に吹き荒れていた、それまでのスーツ不要論者に踊らされて、中途半端な着こなしに慣れ親しんでしまった服装は旧世代化していくことでしょう。

ただネクタイを外しているだけ、未だに加飾したボタンダウンシャツをただ着ているだけ、未だに黒いだけのスーツ・・・

厳しいことを申し上げますが、これではどーでも良い、記憶にすら残らない、頭数にもならない人になる可能性が非常に高いです。

このご時世にあえてスーツを着用することの意味を考えてみる。

おのずと答えが出てくるでしょう。

スーツを着用することによってビジネスを発展させていきたいんですよね?

慣れ親しんだルートセールスではなくて、リアルだろうがオンラインだろうが新たに開拓していく時代においては、自己主張をしていかないと他に流れてしまいます。

オンリーワンの商材があるなら良いですが、今までもそうであったように自分を売り込んでいくスタイルの場合はこの2021年はこのはじまりの年であり手探りの年であった2020年のとりあえずやり過ごそう的な方向ではまず埋もれます。

それで成り立つ方はそもそもボクのブログをここまで読まれているはずはないので、こんなことを書くこと自体がナンセンスでしたね。

なんにせよ身だしなみ、着こなし、所作も含めた装いそのものが問われてくることです。

かと言って、旧世代にあったようなモッサリしたオジサマスーツは復権しませんよ。

ピチピチ、パツパツなスーツもです。

ピッティの仕掛けに乗っかり在庫を積み上げてしまった系のスーツも不要です。

自分で自分をブランディングしていく服装が必要です。

ブランディングですから、アップデートしていかなければなりません。

急激に変化させようとすると心が付いてこないですから絶対に続きません。

じっくり継続して、アップデートした内容を自分のモノにしていく年が2021年でしょう。

スーツを着用するということはそれだけ特別なことになっていくということですね。

逆に言えば、そのくらい手間も時間も、そしてある程度のコストをかけていくことがビジネスの世界で必要だとボクは考えています。

正統派の仕立屋さんであるボクにとっては身の引き締まる思いではあります。

それくらい本気でスーツに取り組んでいきますし、それを信じてカウンセリングさせてもらいたい。

 

  • もう一つの流れはリラクシング

今更語る必要はないですよね。

ストレッチ性などの快適機能を持たせた素材が普及しています。

もはやスーツが不要であるならば、違った意味での装いで自分自身のパフォーマンスを高める。

分かりやすく言えば快適な方がいいですよね。

このあたりはユニクロやザラでいいじゃないかという部分もありますが、それだとその世界で留まってしまいます。

もう一歩踏み込んだリラクシングという観点から着こなしを考えてみてもいいでしょうね。

これはボクも数年前からずっと取り組んできたテーマです。

今年に関しては今まで業界では反発もあったのですが、ジャージなどのニット素材も増えていく予定です。

今までのミリ単位での精密な仕立てではない(正確には伸び縮みするので不可能)緩い着こなしを仕立てることが出来るようになる年になるでしょう。

カッコイイけどラクチンで快適な着心地と十分な質感を全て兼ね備えるという方向ですね。

スーツ着用とはまったく違う方向性というわけです。

どちらがいいのか?ではなくて、自分の進むべき方向はどちらなのかを選択する必要があるということです。

この場合は両方を選択するということもあり得ます。

ちょっと大変ですけど、状況に応じて常に使い分けられるようになると幅が広がります。

逆に言えば、中途半端が一番危ないです。

何度も言いますが、キチンと自分のブランディングを進めていくことです。

どの方向で自分を作り上げていくのかってことです。

 

もちろんその為には自分で考え決断する必要はありますが、悩む必要はありませんよね。

なぜならボクがいるからですよ!

そんな時こそプロに頼むのが正解です。

2021年はもう昔と同じ生活にはならないでしょう。

生活が変われば文化も変わります。

文化とは服飾そのものですからね。

その新しい時代の幕開けとなる2021年の着こなしを今のうちに準備しておきませんか。

ご遠慮なくご相談くださいね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top