オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

寒暖差が激しすぎると体温調整が追い付かない人向けのコートが使いやすいという事実

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

ひんやりした気温が冬の到来を感じさせます。

朝晩は手がかじかんでスマホを操作している指が動かなくなってきますよね。

いよいよコートが手放せないというコート好きにはたまらない季節です。

シャツとジャケットだけで我慢するよりもコートを羽織りましょう。

とはいえ、日中や色々と動き回る人にとってはモコモコ過ぎるコートはかえって暑くなる時もありますよね。

寒暖差が激しい場所だと汗かいちゃうかもしれません。

ボクもその温度差が激しすぎると体温調整が追い付かない人なので、パフォーマンスが落ちてしまいます。

しかしながら、一枚羽織りたい。

そういう時こそモコモコし過ぎないと言いますか、保温性を重視しない羽織れるコートをご用意しておくと良いと思います。

 

宣伝になってしまいますが、そういうコートをボクは作成しています。

オーダーコートと言うと、クラシックな正統派のウールやカシミアなどの暖かいコートを連想されるかと思います。

実際には暖かいコートが基本ですから、ふんわり素材をチョイスするのが正解です。

ただですね、それだけじゃないコートも必要でしょう?ってことをボクは追求しています。

ボクが実際に使いたいコートとして、今書いた通り温度差があり過ぎると逆に体がカーッてなってしまうのを和らげたいんです。

ということは保温性よりも温度調整がしやすいコートを作れないか?ということになり、毎年研究しています。

そこで今年作成したのが、このウィンタートロピカルという素材のコート。

保温性を考えたギュッと密度を高めた素材ではなく、名前の通り熱を逃がしてくれる平織素材です。

正直言って暖かくないコートです。

だから良いんです。

真冬の寒さになれば、もちろん暖かい素材のコートに切り替えていきますが、今の時期の気温ではむしろこの素材にして衣服内の温度を適度に逃がしてくれるほうが体調が良いんですよね。

ボクの場合は。

だったら吊るしの化繊コートでもいいじゃないか。

一理ありますが、それだとただの普通の人になり、埋もれてしまいます。

何よりも自分が楽しくないでしょう?

少なくとも、この記事に目を通してくださる読者のみなさんはそのはず。

やっぱり体調管理をしつつも自分の気分も良くするためには、カッコ良いコートがいいじゃないですか。

着心地も良くて、サイズも丁度良いし、好みのデザインにカスタマイズも出来る。

そして装いとしても完璧なら、結果もバッチリついてくるというものです!

 

宣伝になってますけど、もしそんな寒暖差に適応したいコートをオーダーしてみたいなと感じましたら、どうぞご相談くださいね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top