オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

人間は仮想現実の中だけでは生きていけない

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

コロナによる騒動の終息はまったく見えませんが、それでも世界は動いています。

というより動かないで何かが変わることはありませんよね。

変わりたかったら自分が変わるしかないですから。

自分の都合通りに周りが変わるなんてことはありませんから。

一時バーチャルリアリティーなんて言葉が流行りましたよね。

VRとか略して。

今もあるのかもしれませんが。

2020年の今現在はどうかというと、今まで築き上げてきたリアル(現実)に対して目を背け過ぎていないかって感じます。

現実逃避とでもいうのかな、今そこにある危機を認識することなく仮想空間に逃げていないか?

なんでもオンラインでなんとかなるとか思っていないか?

オンラインで何かしら煽りを入れることがビジネスならばそれで成り立つのでしょうけど、普通はそこからでしょう?

マトリクスの世界と現実とどちらが大切なのか?

ありがたいことにお仕事で地方にお伺いする機会を頂いております。

春先は流石にすべてキャンセルになりましたが、夏から日本の端から端に移動してその現状を見ています。

ローカルコミュニティで成り立っている街もあれば、観光で成り立っている街も見ています。

観光によってなりたっている街は正直なところビビります。

人がいないとかそんなレベルじゃなくて、街の明かりが消えている・・・

10月から東京もGO TOキャンペーンの対象になり変化はあるかもしれませんけど、そういう問題じゃない。

有機生命体である人類がこの地球上で生きていくには、現実を見ていかないと。

そしてその行動をしていかないと。

ビフォーコロナ時代にはもう戻らないんですから、そうじゃない行動していかないと。

仮想現実にて自分の都合の良い部分だけを切り取って、都合の良い解釈で、何か変わっていると自己解釈しても、それは現実ではない。

まとまらないんですが、東京にいるだけでは見えてこない現実を見て、そんなことを考えていました。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top