オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

暦通りに秋の気配がやってきています ジャケットを羽織りましょう!

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

結構涼しいですよね。

暦通りに気温が下がっているように感じます。

街でもジャケットを着用している人を多く見かけるようになりました。

シャツだけよりも断然違和感がありませんし、むしろその方が自然ですね。

ジャケットを羽織るだけで見栄えが断然違います!

 

  • シャツの由来は元々肌着だった?

どこまで遡ればいいのかという議論は置いておいて、シャツというのは元々は肌着だったという説が有力な史実です。

その段階では現代のようなジャケットというアイテムは存在していないし、現代に通じる着こなしもない時代ですから、単純ではないんですが。

一部のマニアではこの話が神聖なものとして崇められ、いついかなる時もシャツ一枚では人前には出ないという縛りルールが存在するくらいです。

温暖化の時代にさぞ大変だとは思いますが。

現代に通じるシャツはそのもっと後の19世紀から20世紀にかけて一気に普及してきました。

シャツは肌着ではなく、一枚でも何んとなかなる時代になり、現代に至ります。

ですからシャツ一枚で過ごすこと自体は何の問題もないというのが、仕立屋をしているボクの見解です。

が・・・

もういい加減シャツルックはやめた方が良いでしょう。

見た目的にアウトっぽいって感じますでしょう?

人と会わないし、事務仕事だし、そもそもレンタルスペースを借りているのでその行き来だけだし・・・

挙げればきりがない言い訳の数々はあるでしょうけど、もう夏仕様の装いは避けておくべきです。

ジャケット一枚羽織っておきましょう。

それだけでまるで別人に見えますから。

何も秋冬物を羽織れということではありません。

パステルカラーな色合いでなければ春夏物でよいです。

ネイビー、グレイのシンプルなのでよいのです。

こういうちょっとした表面が素材感のあるジャケットがあると相当便利です。

むしろその方が完璧でしょう。

季節の変わり目は気温の変動も大きいでしょうから、多少気温の高い日もあるでしょうけど、もうジャケットは羽織る。

一流のビジネスパーソンとして認められるかどうかなんて、案外こんなちょっとした着こなしのマナーで決まるもんですよ!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top