オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

6月のアクセスランキングが出ました!

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

  • 6月のアクセスランキングが出ました!

毎月一回どんな記事が読まれているのかを調べています。

予想通りにもなりますし、その逆もあります。

それらを踏まえてより良いコンテンツにしていこうと考えています。

とは言っても通算2000記事以上毎日更新しているにもかかわらず未だ答えなんてないという。

奥が深いのです。

一つ注目する点はこの数ヶ月のコロナ禍であっても、全体的なアクセス数は大きく変動がないということ。

毎月の新規流入数も毎回アクセスが続いているいつもの過去記事もスマホとPCの比率もそんなにブレていない。

ボクの場合はね。

ということは、何を意味するのかをひねりを加えて考えてみる。

デジタルデバイスを使い倒している人はどんな状況でも使い倒しているし、逆に今回の件でも使わない人は使わない。

マーケティング的に言えば、新たな開拓として使わない人向けにデジタルを使おうがそもそもたどり着かない訳で、やはり別のアプローチが必要とか、デジタルデバイスで新たに販促活動をしようと考えているのであれば、そこはすでにいわゆるレッドオーシャンと化している以上机上の空論やどこにでもいるコンサルの言いなりになるようなやり方では箸にも棒にもかからないという結果が待っていることが十二分に予想出来ます。

ま、難しく考えても難しくなるだけで答えなんてそんなに簡単に出るわけないんですけど(苦笑)

ということで6月のベスト3の発表です。

 

  • 第3位

シンプルがやっぱり好きです

年だからなんでしょうね。

やっぱりシンプルが一番なのです。

何かしらのテキストを読むしても、ダラダラと前置きやら曖昧な言い訳を羅列されちゃうとテンション下がるというか、集中力が無くなってしまいます。

みなさんもそんな感じなのでしょうか?

3位にランクイン。

 

  • 第2位

オーダーメイドスーツ生地の良し悪しの話

真面目な内容です。

オーダーメイドの最大の楽しさである生地選び。

何をもってして良いとするのか。

価値判断の基準のお話です。

突き詰めるとどっちが優れているかという話ではないってことですね。

 

  • 第1位

「これはあなたのビデオです」という内容がメッセンジャーで送られてきたときの対策

予想通りといいますか、アップする前に1位確定が分かっていた記事がそのまま当確でした。

数年前にも大発生していましたよね。

このFacebookの乗っ取り系って。

少なくなったと思ったら、今度はメッセンジャーで感染拡大しているようです。

これは被害者が加害者になってしまうというよろしくない無限ループです。

十分にお気を付けください。

 

まとめ

巷では文字から映像、さらにはリアルタイムのオンラインと益々多様なコミュニケーションであったり情報発信をするツールが利用されています。

どれをチョイスするかによって変わると思いますが、やっぱり継続していかないと見えてこない部分はあります。

継続していてもまだまだ先は見えてこない。

奥が深いですね。

こんなネタや内容を切り込んで欲しいなどどしどしリクエスト下さいね!

ボクなりの視点でスパッとなますにしていきます。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top