オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツ、ジャケット、コートの袖についているタグやロゴはつけっぱなしで良い?外した方が正解?

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

先日、目に留まった記事がありました。

【コートの袖のタグは取るのが正解…では何のため?】←外部サイトに飛びます

これは良記事です。

だって一般にはその正解って知らないんじゃないでしょうか。

そんな情報を教えてくれる人なんてどこにもいないですし。

ということで、この記事に書いてある通りが正しいのです。

つまり・・・

袖にしつけ糸でついているタグ、織ネームの類は外すのが正解です。

袖にこういうのが付いていたら外すのが正解ですからね。

 

  • なんでそんな要らんモノが袖についとるんや!?

この袖ついているやつですね。

コートに限らずスーツやジャケット類全般、男性用の上物系にはだいたいこの手のタグ、織ネームが縫い付けられています。

よほど安価なものでない限り何かしら付いているでしょう。

では、そもそも何故そんな余計なお世話なことをするのでしょうか?

だって袖口という目立つところに縫い穴が残るようなものをわざわざつける必要なんてないですよね?

まったくもってしてナンセンスと考えるのは至極当然です。

で、その答えですが・・・

買ってほしいから!

売れてナンボのお洋服です。

スーツ、ジャケット、コートなどのお洋服は、ある意味コモディティ化(均一化という意味)の到達点に位置しています。

正直見た目はみな同じですから、パッと見どこの製品だろうが見分けはつかないでしょう。

ボクのような業界人でなければ、量販店だろうが高額なブティックであろうが同じにしか見えないと思います。

そこで、そんな見た目が同じな洋服を少しでも他と違って見せたいし、うちはこれだけこだわっているというのをアピールせなあかんな!

そや!これで差別化や!

となって、左袖口にタグだの織ネームだのを付けていくようになったのです。

ですので、この袖についているものはすべて外しましょう。

ごくまれにファッションとしてミシンで縫い付けられているモノがありますので、これはつけっぱなしで正解ですが、まずそうそう出会うことは無いでしょう。

普通のお洋服屋さんで購入する際は外すのが正解であり、通常は納品の時に外してくれるでしょう。

気を付けなければいけないのは、インターネットにて購入した時ですね。

売り場に並んでいるそのまんまの状態で送ってくるはずです。

すると、そのタグは自分で外すことになります。

ためらうと思いますが、頑張って外しましょう。

業界では、このようなリッパーというしつけ糸取りや糸切狭で取り除きます。

もし、怖い時はボクに相談していただければ取りますからね。

 

  • ポケットやベントのバツ印のしつけも取りましょう

恐らく誰もが見たことがあるでしょう。

ベントのところにバツ印のしつけをつけっぱなしの人を。

これは取り除くのが正解ですね。

これもネットなどで購入した場合は取り除くのをお忘れなく。

まれにポケットがしつけで縫ってあるというのに遭遇したことがある人もいらっしゃるでしょう。

これは実は縫いっぱなしが良いという場合もありなんですね。

ジャケットのフロントポケットは使わないというのがキモなのです。

ここに手を入れる、モノを入れるのはおススメしていません。

そこで使わないようにするためにあえてしつけをつけっぱなしにするというのも手です。

ちなみにオーダースーツに関してはこのようなしつけ糸、または袖口のタグなどは一切ありません。

意味ないので。

むしろポケット使いたくないので縫って下さいというリクエストがあるくらいですね。

 

まとめ

スーツ、ジャケット、コートの袖に付いているタグ類は外しましょうね。

たまにお見かけしますが、とっても目立つのでボクが気になってしかたがありません。

そして外すときは勇気がいると思いますので、ヤバいと思ったらボクまでご相談くださいね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top