オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

スーツだけでなくドレスシャツの切り替えもお忘れなく

土方洋(ヒジカタヒロシ)ニックネームのターナーです。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

春の衣替えに合わせてご準備を進めていくにはとても良い時期になりました。

一年のうちで一番人が出会いと別れ、新しくスタートを切る季節です。

当然何も変わらないという方も多いはずですが、お仕事上の新年度がスタートするという意味においては、とても大切な区切りとなるタイミングの季節ですね。

装いを変えると人生が変わってきます。

長年プロとしてこの業界に携わってきて、また独自の営業支援スーツというメソッドでお見立てをしてきたボクが(別に自慢とかイキっているわけではございません)忘れてはいけないアイテムということでお伝えしておきたいのが、タイトルの通りです。

シャツの切り替えは大丈夫でしょうか?

 

  • 案外二の次になってしまいがちなシャツ

そもそもそのドレスシャツはいつ頃から使い始めていますでしょうか?

シャツというのは様々な方がいらっしゃいまして、一気に買い揃えて、一気にダメになって、また一気に揃える・・・というパターンの方と、少しづつ買い足していきどんどん増えていくパターンの大きく分けて2パターンに分かれてくるかなというのがボクの今までの経験則です。

これは基本毎日シャツ生活をされる方のお話です。

一気にダメになっていく方はある意味買い替え上手でいらっしゃいまして、今回は大丈夫です。

もう一つのパターンである少しづつ買い足していくパターンの場合、そもそものベースとなる枚数を把握していないなんて場合が多くて、古いものと新しいものが混在している・・・なんてことないでしょうか?

総枚数は足りているけど、そのうちガチで使える枚数は何枚でしょうか?

もしかして、今日は人に会わないからこのボロいシャツでいいや・・・なんていう使い方していません?

せっかくですから切り替えませんか!?

ボクは仕事柄人とお会いする機会がありまして、お名刺を頂戴するとこのパターンの日だったんだなって思う時が案外多いと感じます。

もったいないですよね。

いつ何時、何が起きるかわかりません。

そして今日はどうでもいいやっていう気持ちが入り込んでしまうと、本来の自分のポテンシャルを発揮出来ませんからね。

たかがシャツなんですから、思い切って古いシャツは切り替えませんか?

全部ガチで使えるシャツだったら、いつでも背筋を伸ばして気分よくお仕事に集中出来るというものです。

それは結果として現れるのではないかと。

 

オーダーシャツ、おススメです!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top