オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

今年のココアッソのテーマは「着心地の良い服」 

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

2020年が始まりました。

みなさんはもう今年の抱負はお決まりでしょうか。

ココアッソも年初に一年のテーマを掲げております。

それが今日のタイトルでありテーマです。

着心地の良い服

着心地が良い服とは無理しないスタイルのことです。

  • オーダースーツの本質は着心地が良いということ

アパレル業界はこの数年壊滅的なくらい不況が続いております。

特にメンズ市場はボロボロです。

その中で唯一浮き沈みがないカテゴリがオーダーメイドです。

よってこの数年でオーダーメイド市場に続々と同業、異業種問わず参入してきています。

もちろん既存の老舗のテーラーもまだまだ健在です。

このオーダーメイド業界はとてもあいまいな世界でして、どんなモノであろうともオーダーメイドと名乗ることが出来てしまいます。

何もかも手間暇かけて職人さんが丸縫い(全部一人で仕上げる)から、既製品の受注生産のような形態であっても同じ解釈として扱われています。

また、独自の世界観を表現することも出来ますので、まずデザインありきというところもあります。

間口が広くなった分、とても分かりにくく、本来のオーダーメイドがなんなのかが抜け落ちてしまっていると感じていました。

だからこそ、本質を正しく伝えたい。

それが本来のオーダースーツとは着心地が良い服ということなのです。

どうしても既製品の受注生産という形態であれば、そもそもそのパターンで合うかどうかで決まりますから、体形上無理があってもどうしようもありません。

また、デザイン優先にしてしまうと、そのコンセプトに合う体形でなければ着心地をスポイルしてしまうことになりかねません。

それがダメではありませんが、ボクの考えるところのオーダースーツではないのです。

本当に世界で一着だけのオーダースーツとは正しく体形を理解し、作成することにあるというのがボクの基本理念です。

ストレスの溜まるのような着心地ではオーダースーツである意味がありません。

腕が動かない、窮屈ですぐに脱ぎたくなる、座ることも出来ないなど、かつてボクが経験してきました。

そうではなくて、本当に快適に感じる着心地というのが本来の姿です。

もちろんただ快適であればよいわけではなく、時代に合わせた装いに仕立てていきます。

装いとはただ快適であればよいわけではなく、相手がいて初めて成立するからです。

何よりも、真に快適な一着は姿勢が良くなります。

一番きれいに見える姿が一番快適に感じるように設計するからです。

人間は進化の過程で正しい姿勢が一番疲れないような体にしてきました。

猫背でも前かがみでもなく、背骨の上に頭がストンと乗っかる態勢が一番快適になるようになっています。

それは見た目にきれいな姿勢です。

その時にストレスのない着心地であったならば、パフォーマンスが上がるはずです。

今年はそのオーダースーツの本質部分をとことんお伝えしていきたい。

本当にオーダースーツは着心地が良いのです。

 

ココアッソは今年の真摯に仕立道に向き合い、ずっと羽織っていたくなるような一着になるようベストを尽くしてまいります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top