オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

礼服(フォーマル)の黒と黒いスーツの違いとは何か?

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

フォーマル、いわゆる礼服に使われる生地と世の中にある黒いスーツ生地は同じかどうか?

そんなお話を。

  • 黒は黒でも別物

タキシードなどの正礼装(正確には準礼装)のみならず一般的な礼服(略礼服)も基本的に使う素材は同じになります。

仕立屋さんによっては違いがあるかもしれませんが、通常はタキシードクロスやドスキンと呼ばれるフォーマルの為の生地にて仕立てるのが一般的です。

これがタキシードクロスです。画像だと分かりにくいですが。

これは既製品の礼服でも同じです。

この黒い生地はビジネスをはじめとする通常のスーツでは使われない位黒さを強調した素材となります。

逆に言えば、黒無地のスーツ生地ではフォーマル生地と同等の黒さはありませんので、礼服用として仕立てるにはちょっと無理があります。

黒は黒でも似て異なるのですね。

 

  • 並んだ時に黒味の差が歴然としてしまう

そう礼服を着用するということは、周りも全員が黒い服になるわけです。

ここがいわゆるスーツを着用するシュチュエーションとは違うところです。

身内の法事などの集まりではその黒さを気にされることはそれほどないかもしれませんが、そうではない礼服を着用される場に出席される時は一つの基準となる可能性があります。

オフィシャルの場での礼服はその人の格付けになってしまうということです。

現実的にそのような場に出席するかどうかと問われれば、そうそう数は多くはないかもしれません。

たらればの話になってしまうと不毛になってしまいますので、もしそのような場に会社の代表として出席する、立場があって出席するのであれば、その立ち位置に相応しい黒さを選択されるのが良いはずです。

ホテルなどの会場の照明によっては分かりにくい時もありますが、スポット照明を受けるような状況になると相当に違いが出てきます。

しかも先ほども申し上げた通り隣はおろか全員が同じ黒を着用されているわけですから、もしただの黒いスーツだとしたらめちゃめちゃ気にしてしまうはずです。

もちろんただ単に黒さだけでなく、サイズ感、シルエット、シャツやアクセサリー、頭髪などの全体の着こなしのバランスも大切です。

一点豪華主義だけではオフィシャルな礼服を着用する場では通じません。

あらゆる要素を合格点にしなければ意味がありません。

が、今回は黒の生地のお話なのでマナードスタイルの話はまた別の機会に。

 

  • どこまでの黒さなら良いのか

ボクがオススメしているのは素直にフォーマル専用の生地をご紹介します。

といってもそれだけでも色々と種類が沢山ありますし、正直並べて見比べても同じ黒にしか見えないはずです。

ここはボクにお任せいただいたほうが良いと思います。

必要な黒さのバランスをカウンセリングしながら決めていきます。

オーダーメイドというのはそうやって決めていくことが出来るのです。

もちろんただ単に生地を決めるということだけでなく、トータルでの着こなしのバランスも決めていきます。

必要なアクセサリーなども手配していますからね。

もし、オフィシャルな場でのフォーマルな装いでお悩みでしたら、一度ボクまでご相談ください。

ココアッソは予約制にしていますので、じっくりとお話をお伺い出来ますので、解決する道筋をみつけることが出来ます。

もちろん、オリジナルなカスタムもオーダーメイドならではですから、そちらもお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top