オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

10月のアクセスランキングが出ました!

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

10月のアクセスランキングが出ました!

気が付けば巷はハロウィンから一気にクリスマスへ。

まもなくジングルベル系とワム、マライアキャリー、山下達郎、中西保志の有線無限ループが始まることでしょう。

今年は暑さが残り過ぎてちょっと前まで夏なような気がしていたいんですけどね。

流石に秋深まり、冬支度をしないとなって気がしますね。

ココアッソも何度もお伝えしていますが、11月ははじまりの月ということもあり特別なんです。

その準備もありまして10月は本当にドタバタでした。

しかしながらブログの更新はなんとか途絶えることなく(内容はともかく)ここまでやってきました。

そんなこんな10月の記事の中でも特に反響のあった記事のベスト3の発表です。

 

  • 第3位

イタリア産とイギリス産の生地のどちらを選ぶべき?

オーダーメイドの世界では国内の生地もありますが、そのほとんどはインポートが占めています。

もう少し掘り下げるとほぼイタリアかイギリス(グレートブリテン)の2択になります。

それ以外はほぼ出回っていないので実質はこの2者からの選択となります。

果たしてどっちが良いのか?ってことを書いています。

 

  • 第2位

スーツの色に迷ったらネイビーとグレイの2色で良いことを思い出して下さい

お国柄をどうするかと合わせて、生地選びで悩ましいのがどんな色柄を選べばいいのか?という楽しい選択をする必要がありますね。

昨今の情報の氾濫と共にどう考えてもビジネスではない色柄がとても多く出回るようになり、さらに迷わせてしまうような状況です。

だからこそあえて記事にしましたが、基本のネイビーとグレイだけに絞りましょう。

この2色だけでいいんですよ!

という記事が伸びていました!

 

  • 第1位

ココアッソオリジナル新型オーダーコートが完成しました!

今年も新型コートを作成致しました!

我ながらいい感じに仕上がりまして、この記事が10月のNO1のアクセスになっていました。

コートこそオーダーメイドが一番分かりやすくしっくりくるんじゃないでしょうか。

一番外側に羽織るのがコートです。

大事な場面に自分らしさを表現出来るコートを纏うだけで、きっと違う世界が見えてくるでしょう。

何よりも自分自身の内面に一番響くはずですよ。

ココアッソのオリジナルステンカラーコート、是非ご検討くださいませ。

 

  • まとめ

丸々5年毎日欠かさず更新してきて気が付けば1900記事を超えてきていました。

良く続くもんですよね。

せっかくですから、もう少し伸ばして大台には載せていきたいと思います。

そんな記事にして欲しいネタなどリクエストがございましたら、ドシドシご連絡くださいね。

有益な情報になるようにがんばります!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top