オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

丸々5年毎日更新してきたブログはずっと残り続けるということ

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

今月で創業6年目に入りましたココアッソでずっと続けていることがあります。

このブログです。

2014年11月に創業を開始して以来毎日欠かさず更新してきています。

どこでも書けますからね

今調べたら今日で1914記事になっています。

1914日続けてきたということ。

正直毎日渾身の記事なのかと問われれば、そうじゃないと答える程度の内容も多々ありますが、それでも更新し続けてきました。

創業当時にこれだけは続けようと考えていたからです。

それともう一つの考え方として、自分の考え方であったり思想、趣味、性格をどの媒体で記録するのが良いのかと考えた時にこのブログがベストだと思ったからです。

これは今でも変わりません。

その意味するとことは何か?

記録として残り続けるから

 

  • ブログは書籍として残り続ける

SNSというツールが日常に溶け込み誰もが気軽に自分の考えであったり、お役立ち情報を発信しています。

古くはメールマガジンというツールもありこれも未だに続けられているところも多くあります。

これらのツールは新聞や週刊誌と同じ概念で、瞬間に読まれその場で流されて消えてゆくものだとボクは考えています。

瞬間風速はあるけど、すぐに過ぎ去ってしまうということ。

ブログは書籍だと考えています。

アメブロなどの無料サーバーを借りるものとボクのように自社サーバーを使うかによって考え方は少し変わりますが、そこにデータが残り続ける限りずっと引き出し続けられる誰でも閲覧できる書棚にある書籍という考え方が一番ではないでしょうか。

公共の図書館のような感じでしょうか。

入室制限はありませんから、この記事もそうですが誰でも辿り着けて、誰でも閲覧出来る。

そしてその書棚にしっかりと検索しやすく収納されていたらすぐに引き出せます。

だからボクのブログも未だに過去記事の閲覧数がすごいことになっています。

というよりも最新記事が追い付かないくらいずっと読まれ続けている記事がいくつもあります。

もしこれがブログ以外の媒体であったならばこういう状況にはならなかったでしょう。

今はさらに新しい情報発信するツールは生み出され続けていますが、現状ではボクはブログが未だにマストだと感じています。

趣味で気ままに投稿するのであれば、たまに気が向いたときに更新すればよいと思います。

ボクの場合はそうではありませんからね。

もう日常生活の中でもっとも上位に位置するのがブログになってしまっています。

そして数をこなしてきたからこそ感じることがあります。

やっぱり続けてきてよかったかなと。

ボクという人間がどういう性格なのか、どんな仕立屋なのかを理解していただけるようになりました。

これは非常にありがたいことなんです。

むしろお気遣いまでしていただけるとか。

本当にありがたいです。

話が逸れていきそうなので、そろそろまとめ。

ブログとは書籍として読まれ続けます。

そしてそれは自分以上に自分を表現し続けてくれます。

丸々5年という歳月を続けてきたからこそ、実際にボクが経験してきたらこそ断言できる事実です。

これからもどこまで続くのかはわかりませんが、残り続ける媒体として更新を続けてまいります。

ぜひ気が向いたときにでも良いのでいつでも覗きにいらしてくださいね!

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top