オーダーメイドスーツとシャツのCOCOASSO|東京都渋谷区恵比寿駅から徒歩1分

営業支援オーダーメイドスーツと言えば、東京、渋谷、恵比寿のスタジオココアッソ

お電話でのお問い合わせ

03-6452-4497

触れて風合いが良いと感じる服地はやっぱり秋冬物ですね

ターナー(土方)です。

ボクは恵比寿で営業支援スーツというオーダーメイドスーツの仕立屋をしています。

まだ8月中ととらえるか、もう8月も終わりと捉えるか・・・

都合の良い解釈で現実逃避したくなる頃合いですが、時は無情なほどにどんどん過ぎ去っていきます。

ボクは仕立屋さんということもあり、頭の中はすでに秋冬一色となっておりまして、そこで思うのはやはり触れて気持ち良い風合いはやっぱり秋冬物だってことです。

空調を効かせて涼しい空間だからまったく違和感なく実感出来るのです。

 

  • オーダーメイドらしさはやはり秋冬物

服地には春夏物と秋冬物が存在することはもうこのブログをお読みになられているみなさんは周知の事実かと思います。

簡単に言えば、春夏物は熱や湿度を逃がしてくれることを優先した生地。

秋冬は熱を逃がさない様にすることを優先した生地。

同じウールといった獣毛素材、シルクやコットンなどを使っていてもその性質はまったく正反対の生地ということですね。

そしてその風合いを比べるとやっぱりふっくらした秋冬物のほうが「オーダーメイドらしさ」を感じますね。

触れて気持ちが良いですからね。

そして色柄やその質感はその気にさせてくれます。

オーダーメイドに対する価値観というのは人それぞれですが、間違いなく言えるのは自分の心の中の満たされ感が必ずあると思っています。

世界に一つしかない自分の為に作られた服、ちょっと他人の視線を意識してしまう服、思わず背筋を伸ばしてしまいたくなる服、自慢したくなる服などなど、つまるところ所有欲をくすぐるものだと思っています。

現にボクがそうですからね。

そうれが春夏物よりも秋冬物のほうが分かりやすいし実感しやすい。

そもそも夏はもうスーツを着用しないことが一般的な認識として広まっていますしね。

このふわもこの風合いがやはり良いのです!

2019年も秋以降はより加速して時が過ぎ去ってしまうことと思います。

まだ8月だしまあいいかと捉えるか、仕上がりが10月になるかもしれないと捉えるか。

もし後者とお考えでしたら、準備は開始致しましょう。

頭の中がそう考えるだけで、いつの間にか日が暮れるのが少し早くなってきていることに気が付くはず。

今年はどんなスーツで決めてみましょうか。

そんな楽しみを実感しにいらしてくださいね。

The following two tabs change content below.
土方 洋
「私の役割は、オーダースーツによって自信をつけていただき、成績をあげていただくこと」 をミッションに掲げ2014年11月創業する。 独自の採寸には定評があり、また圧倒的な提案力でその人の魅力を最大限に引き出すことに全力で取り組んでいる。 土方が生み出すスーツは、スペックやブランド至上主義のオーダー業界とは一線を引く、「体験」を売る独自の手法をとる。 オーダーをすることの工程そのものを楽しむことから始まり、完成してからも楽しめるのが特徴。 ココアッソは手間のかかるオーダー屋です。そのかわりに、あなたの気分がよくなる、あなたの成績がよくなる、あなたの評価がよくなる、そんな一着を仕立てる。を口癖にしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね


Return Top